更新日2008/10/18
マレーシア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00382_マレーシア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0608550

プロジェクトID(旧)


 


911


東南アジア




対象国名


シンガポール


11050












対象国(その他)







 





案件名(和)


ビルサービス技術(中東地域)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間2006401日2007331日
 









分野課題1


社会保障-労働・雇用関係


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


シンガポール その他プログラム


プログラムID


0159999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表


詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ビルサービス技術(中東地域)




(英)

 





対象国名


シンガポール


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2006/03/31
 


プロジェクトサイト


 
協力期間2006401日20073月 31日
   


相手国機関名


(和)

シンガポール外務省


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


2005年11月28日と29日、シンガポールでアジア中東対話(AMED)社会・教育・科学・文化・環境・メディア問題に関する第一回作業グループ会合が開催された。その際、我が国がヨルダンのアンマンに設立した職業訓練技術学院(STIMI)をAMEDの地域訓練の拠点とすることが話し合われた。中東地域における人材需要は急速に変化しており、市場の需要に見合った職業訓練を行う必要があることから、日本・シンガポール・ヨルダンの3カ国が共同で中東地域への協力を実施することとなった。


上位目標


研修員が研修コースで得た知識・技術を、自国へ適用することができる。


プロジェクト目標


中東諸国からの研修員に対し、ビルサービス技術の知識・技術を得る機会を提供する。


成果


研修終了後、研修員がビルサービス技術の知識・技術を習得することができる。


活動


研修員20名を対象に下記の研修を行う。
・座学
・実習(電気ワイヤーの設置、トラブルシューティング、エアコンシステムコントロール等)
・視察/見学


投入




日本側投入


日本側投入:4,000千円
・研修実施経費+受入費=4,000千円


相手国側投入


相手国側投入: 8,000千円
・研修実施経費+受入費=4,000千円
・研修機材費=4,000千円


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


技術教育訓練校へ本研修を委託して実施する。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet

詳細を表示:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet


詳細を表示:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト






各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


04/01/2006
03/31/2007