更新日2019/01/08
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1502179

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ミャンマー


11110












対象国(その他)







 





案件名(和)


電力開発計画能力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20160816日20190531日
 









分野課題1


資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2




分野課題3




分野分類


エネルギー-エネルギー-電力

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0309999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)電力開発計画能力向上プロジェクト




(英)Project for Capacity Development of Power Sector Development Planning

 





対象国名


ミャンマー


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2016/03/30
 


プロジェクトサイト


プロジェクトの活動拠点はネピドーであるが、NEMP の対象は全国である。
 
協力期間20160816日201905月 31日
   


相手国機関名


(和)

電力省


相手国機関名


(英)

Ministry of Electric Power









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ミャンマー連邦共和国(以下、「ミャンマー」という。)では、近年の経済発展に伴い電 力需要が急増し、2010 年に 1,371MW だった最大電力需要は、2015 年には約 2,500MW1に なると想定され、5 年間で著しい伸びを示している。しかし、水力発電所における乾期の 水不足や設備の老朽化等による既存発電設備の出力低下が著しく、供給可能出力は約 2,400MW(2015 年の推定値)に留まっている。一方、送配電系統の設備整備も遅れてお り、送配電容量の不足や高いロス率(2011 年時点で約 24%1)等、電力の効率的・安定的 な流通が困難な状況にある。これら電力開発の遅れが経済・社会開発の大きな足かせとなっている。

同国では、今後も経済発展に伴い、電力需要は 2030 年ハイケースで約 14,500MW1に大 きく増加すると予測されている。また、公平な経済社会開発の推進のためには、電化率 (2013 年時点で 33.4 %1)の改善も急務である。こういった電力需要の急増や電化ニーズ に適切に対応するためには、中長期的視点に立ち、環境・社会面にも配慮し、ベストミッ クスの電源構成に基づく電力開発計画が不可欠である。本認識に基づき、2013 年に電力省 との合意により、JICA は 2030 年までの国家電力マスタープラン(National Electricity Master Plan: 以下、「NEMP」という。)の策定を支援した。今後、ミャンマー側は電力省 を中心として、同国電力セクターの状況変化に応じて NEMP を自ら定期的に見直していく 必要があるが、包括的な NEMP の策定・運用に関する同省の能力は限定的であり、その強 化が急務となっている。


上位目標


National Electricity Master Plan(NEMP)をもとに電力セクター開発が促進される。


プロジェクト目標


電力省の電力開発計画策定・運用能力が向上する。


成果


1. NEMP のレビュー、更新、活用に係る電力省の組織体制が強化される。

2. NEMP に必要な情報・データの収集・管理体制が整備される。

3. ミャンマー側のカウンターパートと日本側の専門家の協働作業を通じて NEMP の策定、更新、活用のための職員の技術能力が向上する。


活動


1-1. 電力開発計画と NEMP 活用のための各部署の現状と責務を確認し、制度的な 制約と今後の課題を整理する。

1-2. 上記 1.1 に基づき、NEMP の各分野を担当するワーキンググループメンバー を任命する。

1-3. NEMP に係る各部署の役割及び業務プロセス・ルールを明確する。

1-4. NEMP の計画、レビュー、定期更新の体制を確認・検討し、ミャンマー国政 府内の承認プロセスを確立するための支援を行う。
1-5 活動 1-1.~1-3.を通じて得られる情報を踏まえ、電力セクターの体制・制度・ 規制枠組みに係る提言、助言を行う。


2-1. NEMPに係る情報・データの収集・管理に係る現状の制約や課題を確認する。

2-2. 次の分析に必要な情報・データの収集・管理・更新能力を強化すると共に、 実際の収集・管理を行う。 a. 電力需要想定(地方電化を含む) b. 電源開発計画(IPP、再生可能エネルギー、ガス火力リハビリを含む) c. 電力系統計画 d. 経済財務分析(電気料金、補助金等を含む国民負担の観点) e. 環境社会配慮

2-3. 電力統計を含む情報・データの収集・管理体制を改善する。


3-1. NEMPに必要な次の分析を協働で行い、同計画に関わる各部署・関係者が分 析手法、プログラム及びシミュレーションを習得する。 a. 電力需要想定(マクロ、ミクロ双方の手法を含む) b. 一次エネルギー、最適電源構成、電源開発計画(再生可能エネルギー、ガ ス火力リハビリを含む) c. 電力系統計画(配電網整備・電化計画との整合性確保を含む) d. 経済財務分析(需要家・国民負担の観点) e. 環境社会配慮(戦略的環境アセスメントの考え方に基づいた環境社会配慮 も含めた代替案の比較検討)

3-2. 上記3-1を基に、短期・中期・長期的な優先投資計画の分析・策定を行う。

3-3. 以下を踏まえて提言を作成のうえ、NEMPに反映する。


投入




日本側投入


・長期直営専門家:電力セクターアドバイザー(30MM 想定)

・短期専門家(コンサルタント):総括/電力セクター計画、電力需要想定/一次エネ ルギー、電源開発計画、電力系統計画、経済財務分析、データ管理/組織体制、環 境社会配慮、業務調整/モニタリング(計 70MM 想定)

・研修:電力開発計画に必要な国内研修、本邦研修

・機材供与:系統解析ソフトや専用 PC など活動に必要な機材等


相手国側投入


・カウンターパートの配置:チェアパーソン(NEMP 担当の電力省副大臣)、プロジェ クトダイレクター(電力計画局の局長)、プロジェクトマネジャー(電力計画局の NEMP 担当者/ワーキンググループのリーダーを想定)、プロジェクトコーディネー ター(ワーキンググループのサブリーダーを想定)、ワーキンググループメンバー

・執務スペース、執務環境整備など

・その他、プロジェクトに関連する運営費


外部条件


①上位目標達成のための外部条件
・電力開発のための予算が確保される。

②プロジェクト目標達成のための外部条件
・電力セクター改革等により、NEMP の組織体制が変わらない。
・電力セクターに係るミャンマー国政府及び電力省の政策が大幅に変更しない。

③成果達成のための外部条件
・プロジェクト期間中、カウンターパートが頻繁に異動しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・専門家派遣「ヤンゴン市の生活環境改善のための電力アドバイザー」(2012-2015 年度)
・経済産業省受託事業「電力開発計画プログラム形成準備調査」(2013-2014 年度)
・無償資金協力「バルーチャン第二水力発電所補修計画」(2012 年度)
・無償資金協力「電力危機に対する緊急無償資金協力」(2012 年度)
・円借款「貧困削減地方開発事業(フェーズ1)」(2013 年度)
・円借款「インフラ緊急復旧改善事業(フェーズ1)」(2013 年度)
・円借款「ティラワ地区インフラ開発事業(フェーズ1)」(2013 年度)
・円借款「全国基幹送変電設備整備事業フェーズ I」( 2014 年度)
・円借款「全国基幹送変電設備整備事業フェーズ II」( 2015 年度)
・円借款「ヤンゴン配電網改善事業フェーズ I」( 2015 年度)
・有償勘定技術支援「送変電設備導入能力強化プロジェクト」(2013 年度)
・協力準備調査「地方主要都市配電網改善事業準備調査」(2014-2015 年度)
・協力準備調査「貧困削減地方開発事業(フェーズ2)準備調査」(2015-2016 年度)
2)他ドナー等の援助活動


(2)他ドナー等の援助活動


特になし。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Industrial Development and Public Policy Department02144Industrial Development and Public Policy Department







Project Headquarters in charge

As of


Jan.08,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Industrial Development and Public Policy Department






Project Number


1502179


Title


Project for Capacity Development of Power Sector Development Planning






Country


MYANMAR






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Natural Resources and Energy-Energy Supply


Field 2




Field 3








Sector


Energy-Energy-Electrical Power






Program Title


-


Program Number


0309999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Mar.30,2016
Term of Cooperation2016/08 ~2019/05


Implementing Organization


Ministry of Electric Power


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

案件概要表(外部公開)2016/04/26
事前評価表(外部公開)2016/07/28

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


08/16/2016
05/31/2019