更新日2019/02/19
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1601780

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060












対象国(その他)







 





案件名(和)


バイオマス・廃棄物資源のスーパークリーンバイオ燃料への触媒転換技術の開発

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト-科学技術


Technical Cooperation Projects (Science and Technology)

 



協力期間20170831日20220830日
 









分野課題1


資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2


資源・エネルギー-再生可能エネルギー


分野課題3




分野分類


エネルギー-エネルギー-新・再生エネルギー

 





プログラム名


研究能力向上・ネットワーク強化


プログラムID


0180000000021


援助重点分野


持続的な経済の発展と成熟する社会への対応


開発課題


研究能力向上・ネットワーク強化






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)バイオマス・廃棄物資源のスーパークリーンバイオ燃料への触媒転換技術の開発




(英)The Project for Comprehensive Conversion of Biomass and Waste to Super Clean Fuels by New Solid Catalysts

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2017/03/13
 


プロジェクトサイト


チュラロンコン大学バイオマス燃料エネルギーセンター
 
協力期間20170831日202208月 30日
   


相手国機関名


(和)

チュラロンコン大学


相手国機関名


(英)

Faculty of Science, Chulalongkorn University









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


タイ王国では、化石資源代替と地球温暖化対策の必要性が高まる中で、近年、自動 車や航空機などの「輸送用バイオ燃料」の開発が重要な課題となっている。従来のバ イオ燃料では、穀物市場の混乱、木質・草本などの非可食系資源の利用制約、また製 品品位の面等の課題があった。また、タイ国内では、バイオマスや天然ガス・石炭等 の豊富な資源を有するが、これまで必ずしも有効利用されておらず、エネルギーの輸 入依存度が高まっている。タイ国内のエネルギー需要は毎年約 4~5%の割合で増加し ており、資源輸入による経済負担や CO2排出量増大が懸念されている。


上位目標


本プロジェクトにより開発された化石代替燃料技術を活用し、事業化への基盤 が促進される。


プロジェクト目標


非可食系バイオマス(木質、農業、廃棄物系) 資源を利用した化石代替燃料の 製造技術を開発し、社会実装に向けた提言がなされる。


成果


Task 1:非可食系バイオマス資源からの合成ガス製造技術が開発される
1.1:タイの非可食系バイオマス資源の前処理技術が開発される。

1.2:バイオマスのガス化技術が開発される。


Task 2:触媒転換によるバイオ燃料等製造技術が開発される
2.1: バイオ軽油製造技術が開発される(触媒+運転技術)

2.2: バイオガソリン製造技術が開発される

2.3: バイオメタノール製造技術が開発される

2.4: バイオ LPG 製造技術が開発される


Task 3:利用検証や全体システム構築に係る取り組みにより社会実装提案がなされる。
3.1: 化石代替燃料等として、バイオ燃料等が利用できることが確認される。

3.2: 各種バイオ燃料等の社会実装のためのロードマップがドラフトされる。

3.3: バイオ燃料等の製造・利用に係る人材が育成される 3.4 プロジェクトによって、開発された技術や得られるバイオ燃料等の社会的 認知が高められる。


活動


1.1 Analyze the new solid catalytic technology for their matching with existing system.
1.2 Improve new solid catalysts and find out mechanism of catalytic reaction.
1.3 Establish conditions for operating a small scale bench plant.
1.4 Conduct biomass and RDF characterization.
1.5 Analyze the above data to set up design data for the pilot plant.
2.1 Operate a pilot plan and conduct quality test of clean fuel like conventional diesel.
2.2 Design a pilot plant (to be transferred to Thailand) in Japan (capacity:5l/h, or 120l/d).
2.3 Construct and start running the pilot plant (to be transferred in Thailand) in Japan
2.4 Reconstruct the above pilot plant in Thailand.
2.5 Conduct clean fuel like conventional diesel characterization.
2.6 Plant operation and verification (including engine test) in Thailand
2.7 Organize seminars for private companies in Thailand to report the results of the study.
3.1 Conduct Life Cycle Assessment (LCA) of petroleum light oil and conventional diesel as a baseline study.
3.2 Conduct LCA (including the focus of CDM credit) of the clean fuel like conventional diesel and compare
3.3 Conduct cost analysis for commercializing the biodiesel production based on the result of verification
3.4 Organize seminars for private companies in Thailand to report the results of the study.
4.1 Conduct investigation on the existing biomass (eucalyptus wood chip collection system and RDF briquette production in Thailand.
4.2 Consider future biomass and RDF collection system including organizations and private companies as supply sources for commercialization.


投入




日本側投入


①専門家 長期専門家(プロジェクト業務調整)1 名 短期専門家 約 11 名

②機材
・ガス化ベンチ設備
・FT 合成ラボ試験装置
・メタノール合成ラボ試験装置
・LPG 合成ラボ試験装置
・触媒化学転換ベンチ装置

③本邦研修費用

④その他費用(プロジェクト管理費用等)


相手国側投入


①研究者・学生

②施設と設備
・バンコク及びサラブリキャンパス内の研究スペース
・プロジェクト実施に必要なインフラの整備(研究機材、機材設置に係る屋根の設置 等を含む)
・研究実施のための消耗品

③その他費用(プロジェクト管理、タイ国内交通費、タイ国内旅費等)


外部条件


・タイ政府のエネルギー政策(特にバイオ燃料に関し)に変更がないこと。

・非可食系バイオマスが、安価でかつ継続して利活用できること(食料と競合せず、タ イ国内で原料の安定供給の状態が継続すること)。

・事業環境の変化(例:化石燃料価格の大幅な低下やバイオマス資源の利用等)に際 して、タイ政府の政策上の支援・協力が見込めること。

・テロリズムや市民のストライキなどの破壊的な社会的不安が、タイで起こらないこ と。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1) 我が国の援助活動 Cooperation of the Japanese ODA


(2)他ドナー等の援助活動


2) 他ドナー等の援助活動 Cooperation by Other Donor Agencies, etc.

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Industrial Development and Public Policy Department02144Industrial Development and Public Policy Department







Project Headquarters in charge

As of


Feb.19,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Industrial Development and Public Policy Department






Project Number


1601780


Title


The Project for Comprehensive Conversion of Biomass and Waste to Super Clean Fuels by New Solid Catalysts






Country


THAILAND






Project Type


Technical Cooperation Projects (Science and Technology)






Field 1


Natural Resources and Energy-Energy Supply


Field 2


Natural Resources and Energy-Renewable Energy


Field 3








Sector


Energy-Energy-New/Renewable Energy






Program Title


Advancement of research capabilities and networking


Program Number


0180000000021


Cooperation Priority Area




Development Issue


Advancement of research capabilities and networking






Project Site







Mar.13,2017
Term of Cooperation2017/08 ~2022/08


Implementing Organization


Faculty of Science, Chulalongkorn University


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

案件概要表(外部公開)2017/07/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


08/31/2017
08/30/2022