更新日2018/12/29
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1600824

プロジェクトID(旧)


 


925


南アジア




対象国名


ブータン


14010












対象国(その他)







 





案件名(和)


ブータン電力マスタープラン2040策定プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


開発計画調査型技術協力


Technical Cooperation for Development Planning

 



協力期間20171208日20191207日
 









分野課題1


資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2




分野課題3




分野分類


エネルギー-エネルギー-電力

 





プログラム名


産業振興のための基盤づくり


プログラムID


0480000000032


援助重点分野


持続的な経済成長


開発課題


経済成長促進






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ブータン電力マスタープラン2040策定プロジェクト




(英)Formulation of Power System Master Plan of Bhutan-2040

 





対象国名


ブータン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2017/08/16
 


プロジェクトサイト


ブータン全土
 
協力期間20171208日201912月 07日
   


相手国機関名


(和)

経済省水力発電・電力システム局


相手国機関名


(英)

Department of Hydropower & Power Systems (DHPS), Ministry of Economic Affairs (MoEA)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ブータン王国の国家財政は、水力発電の事業税収や売電収入により支えられ ており、国家歳入の約20%、GDPの約15%(2014年)を水力発電分野が占め ている。包蔵水力は23,760MWと推定されているが、2014 年時点での水力発 電所の設備容量は約1,600MW(包蔵水力の約7%)にとどまっている。現在、 既存の電力マスタープラン(Power System Master Plans:PSMP、2004年3 月)に基づき、10,000MW の水力発電開発を進めているが、PSMPが改訂さ れた2003年当時から、水文・気象データの蓄積や、環境社会配慮等の外部条 件・環境が大きく変化しており、これら変化を踏まえたPSMPの改訂が喫緊の 課題となっている。また、PSMPを監理するブータン経済省水力発電・電力系 統局(Department of Hydropower & Power Systems:DHPS)は、同国の環境 の変化に応じて水力開発計画を自ら見直し、更新していくことが肝要である が、包括的な計画の策定に関する同局の能力は限定的であり、その強化も急務 となっている


上位目標


ブータンにおいて、電力マスタープランを作成 することにより、最適水力発電開発計画及び系統開発計画が策定され、持続可 能な経済の発展に寄与する。


プロジェクト目標


策定された水力発電開発計画及び系統開発計画に基づき、個別事業のフィー ジビリティースタディが実施される.


成果


2040 年をターゲットとした最適水力発電開発計画及び系統開発計画が策定 される。


活動


*電源開発計画・系統計画に係る人材育成
*周辺国の電力状況調査
*長期水力発電開発計画の策定
*長期系統計画の策定
*経済・財務分析
*環境社会配慮
*気候変動(緩和策)


投入




日本側投入


(a)コンサルタント(分野/人数)
*総括/水力開発
*土木設計/積算
*電気機械設計
*電力系統計画
*系統解析
*送電計画
*地質
*財務・経済分析
*環境社会配慮

(b)その他 研修員受入れ: 本邦研修


相手国側投入


Dedicated Project Manager and Support staffs from the department of hydropower sytems for the implementation of the Project


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1) 我が国の援助活動 Cooperation of the Japanese ODA

Yen Loan Projects for Rural Electrification

2) 他ドナー等の援助活動 Cooperation by Other Donor Agencies, etc.
1- A Strategic Roadmap shall be developed with the assistance of the World Bank taking into consideration the macro-economic and socio-environmental absorptive capacity of Bhutan.
2-the UNDP and the norweigian government helped to formulate the first PSMP in 1993 which was later updated in 2004 with assistance from the Norwegian government.


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Industrial Development and Public Policy Department02144Industrial Development and Public Policy Department







Project Headquarters in charge

As of


Dec.29,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Industrial Development and Public Policy Department






Project Number


1600824


Title


Formulation of Power System Master Plan of Bhutan-2040






Country


BHUTAN






Project Type


Technical Cooperation for Development Planning






Field 1


Natural Resources and Energy-Energy Supply


Field 2




Field 3








Sector


Energy-Energy-Electrical Power






Program Title


Foundation for Industrial Development


Program Number


0480000000032


Cooperation Priority Area


Sustainable Economic Growth


Development Issue


Promotion of Economic Growth






Project Site







Aug.16,2017
Term of Cooperation2017/12 ~2019/12


Implementing Organization


Department of Hydropower & Power Systems (DHPS), Ministry of Economic Affairs (MoEA)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

案件概要表(外部公開)2017/10/18

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/08/2017
12/07/2019