印刷用画面へ
課題別指針



カ テ  ゴ リ


課題別指針(全文)

更  新  日


2012/03/06 15:54



分 野 課 題


保健医療 共通






主  管  部


人間開発部、保健医療課題タスクフォース






ト ピ ッ ク ス

















課題別指針 寄生虫対策指針 (マラリア対策)







 課題別指針 寄生虫対策指針 (マラリア対策) 



「寄生虫症対策指針(マラリア対策)」は、マラリア対策に関する主な概況や援助動向、
アプローチや手法を整理したうえで、JICA 事業による協力の方向性や留意点を示すために
作成したものである。これにより、JICA 関係者間でマラリア対策に関する基本的な情報・
知識の共有を図るとともに、JICA 事業計画の企画・立案及び案件の審査や実施の際の参考
としたい。なお、本指針は、2001年6月に作成された「寄生虫症対策指針」のうち、マラリア対策
に関連する部分を、課題別指針の作成要領に従って改定したものである。

マラリア対策は、ハマダラカの棲息環境を狭めるためのインフラ整備や住民教育、検査
薬や治療薬の確保、殺虫剤散布や蚊帳配布等を包括的に行う必要があり、多大な経費を要
するケースが多い。ドナーからの援助によって必要経費を確保できたとしても、ドナーか
らの援助がいつまでも続くことはない。

したがって、JICA としては、協力期間が終了したあとにも当該国政府が必要経費を確保
できるようになること、また他の援助資金を十分に使いこなすことができるだけの行政能
力の強化を行うというビジョンが必要となる。自立発展性の観点からも、協力期間の間に
プロジェクトが対象とした地域におけるマラリアの発生数を激減させなければ、検査薬や
治療薬の需要を減らし、マラリアによる財政負担を減らすことができないため、上記ミレ
ニアム開発目標の実現を視野に入れた協力が必要となる。そのためには、ハイリスク地域
を選択し、マラリア対策の各投入コンポーネントを集約的に実施することが肝要となる。
(序文抜粋)


【目次】

序 文
略語表
体系図について
マラリア対策開発課題体系全体図

第1章 マラリア・マラリア対策の概況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
1-1 マラリアの現状・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
1-2 国際的援助動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
1-3 我が国の援助状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8

第2章 マラリアに対するアプローチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
2-1 中間目標1「マラリア予防体制の強化」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
2-2 中間目標2「診断・治療体制の強化」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
2-3 中間目標3「マラリア対策マネジメントの強化」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20

第3章 JICA の協力の方向性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
3-1 JICA が重点とすべき取り組みと留意点・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
3-2 協力事例(ソロモン国マラリア対策強化プロジェクト) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
3-3 今後の検討課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31

付 録
1.事前評価調査と本指針の関連・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35
2.主な協力事例・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 37
3.参考文献・WEB サイト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 56


↓↓↓ダウンロードはこちらから↓↓↓


人間JR0712寄生虫症対策.pdf






添 付  資 料


- 先頭へ戻る -