JICAホーム > ナレッジサイトトップ > 分野課題 > ジェンダーと開発
ジェンダーと開発

JICAの基本方針

  • ポジションペーパー
  • 国際協力の中長期的重要イシューに関するJICAの基本方針を示す文書です。 国際協力の現状に即してタイムリーに作成されるため、課題によっては作成されない場合もあります。 持続可能な開発目標(SDGs)についての取り組み方針もSDGsポジションペーパーとしてまとめています。

  • 課題別指針
  • 課題ごとの事業実施上の留意点や協力方向性等、これまでの経験・知見を体系的にとりまとめた文書です。

  • 協力別指針
  • ジェンダー平等と女性のエンパワメント


    JICAのジェンダー分野の協力

    JICAではジェンダーに関連して実施される案件を以下の3つの分類で行っています。


     【ジェンダー平等政策・制度支援案件】

    ジェンダー主流化のための政策や財政・法制度の改革支援、ナショナルマシーナリーを含め行政機関のジェンダー主流化推進体制整備支援(人材育成を含む)を主目的とする案件。


    <例>

  • ジェンダー政策・指針の策定支援
  • 男女雇用機会均等法制定支援
  • ジェンダー予算分析の導入支援
  • ナショナル・マシーナリー(女性本部機構)の強化支援

  •  【女性を主な裨益対象とする案件】

    女性をターゲットグループとして、女性のエンパワーメントや保護を主目的とする案件。特に当該社会の中で、より弱い立場に置かれているグループの中の女性(例えば貧困女性、少数民族・先住民族、難民女性、女子児童)を支援することを目的とする案件。

    ただし、女性のエンパワーメントには、男性や当該社会での意思決定者などの意識変革、女性を取り巻く社会構造や制度の変革なども重要であり、女性をターゲットとした活動と組み合わせていくことが重要。


    <例>

  • 貧困女性の起業家支援
  • 女子教育の改善支援
  • リプロダクティブヘルス支援
  • 母の健康改善支援

  •  【ジェンダー活動統合案件】

    プロジェクト目標や上位目標にジェンダー平等推進や女性のエンパワーメントにかかる目標を直接掲げていないが、ジェンダー平等や女性のエンパワーメントに資する具体的な取り組みをプロジェクト活動(予算配分を伴う専門家の派遣、ジェンダー調査の実施、ジェンダー研修の実施等)の一環として組み入れている案件。


    <具体例はこちら>


    サイトマップ(外部公開用)はこちら!

    ナレッジサイト「ジェンダーと開発」に関するコンテンツをわかりやすく探せます。

    サイトマップ



    Copyright© Japan International Cooperation Agency