印刷用画面へ
基礎知識



カ テ  ゴ リ


国際的宣言

更  新  日


2013/05/15 10:09



分 野 課 題


ジェンダーと開発 共通






主  管  部


経済基盤開発部、ジェンダーと開発課題タスクフォース






ト ピ ッ ク ス

















第4回 世界女性会議





第4回世界女性会議(1995 北京)
 ジェンダー平等を求める動きが、真の意味で、新たな段階を迎えたのは、1995年に、北京で開催された、第4回世界女性会議においてである。北京では、社会の全体的な構造、およびその中における、男女間のあらゆる関係を、再評価するべきとの認識に立ち、議論の焦点を、「女性」から「ジェンダー」へシフトさせる必要性が理解された。社会とその制度の根本的再編があって始めて、女性は生活のあらゆる側面で男性と対等のパートナーとしての正当な地位を完全に獲得できるとする。ここでは女性の権利は人権であり、ジェンダー平等は万人に利益を与える普遍I関心事項であることが、再確認された。

具体的行動を必要とする12の重要問題領域
 A 女性と貧困
 B 女性の教育と訓練
 C 女性と健康
 D 女性に対する暴力
 E 女性と武力紛争
 F 女性と経済
 G 権力及び意思決定における女性
 H 女性の地位向上のための制度的な仕組み
 I  女性の人権
 J 女性とメディア
 K 女性と環境
 L 女児
【出典:国際協力事業団 企画・評価部環境・女性課(2002) 『課題別指針 ジェンダー主流化・WID』】 






添 付  資 料


- 先頭へ戻る -