更新日2009/06/12
筑波国際センター
国内事業部-次長(研修業務担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

課題別研修/環境共生農学(長期)

コース名(英)

Environmental symbiosis agriculture(Master's Degree: Agriculture)

 



コース番号

J0910126

G-TBIC

G-TA

 



スキーム名(和)

研修

 



研修形態

課題別研修(長期)

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農業開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

中華人民共和国, モンゴル

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2010/02/07



2011/10/01

 



研修年度

2009

 



定員

2

 







協力期間

開始

2008


終了

2010

 



主な実施機関名(和)

国立大学法人茨城大学

主な実施機関名(英)

Ibaraki University

 



所管国内機関

筑波国際センター

関連省庁

文部科学省

 



上位目標・目的

農業・環境関連分野の科学情報の精度/解析能力が向上し、各国の政策決定者に対しより有用な情報提供が可能となる。

コース目標

農業・環境分野の試験研究機関に従事する研究員が、所属機関との充分な討議を踏まえ作成した本邦及び帰国後研究計画の策定・実施を通じ、所属機関における試験研究能力が向上する。

コース内容

1)E-learningを用いた事前プログラムを通じ、研修員個人/所属組織/自国に不足している農業・環境の相互作用に関する研究課題を抽出し、本邦研究計画(案)として取り纏める。
2)講義、事例研究、担当教員との協議等を通じ、本邦研究計画(最終版)を策定する。
3)策定した研究計画に基づいて研究手法を習得するとともに、その結果を修士論文として取り纏める。
4)所属組織・本邦有識者とのインタラクションを通じ、習得した研究手法を活用した実現可能な帰国後研究計画を策定する。
5)帰国後研究計画の実施、関連リソースとの交流を通じ、帰国後の農業・環境分野に関する知識・手法の蓄積と人的ネットワーク構築がなされる。

研修員の資格要件

1)日本の国籍を有しない者
2)出入国管理及び難民認定法における「留学」の在留資格を有する者又は大学院入学後に在留資格を「留学」に変更できる者
3)学力ならびに英語能力が優れた者(TOEFL 510点、TOEIC 680点を基準とする)
4)農業・環境関連分野の研究機関における5年以上の実務経験
5) 将来にわたって継続的に本分野の研究に従事する意志のあるもの
6) 現所属先から研修参加への推薦を得られる者
7) 45歳以下の者
8) 心身共に健康で、本研修の遂行に支障のない者
9) 軍に所属していない者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Environmental symbiosis agriculture(Master's Degree: Agriculture)


As of

Jun.12,2009


Course Number

J0910126





Division



Scheme



Sub-Scheme

Long-term International Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2009


Duration of Training

Feb.07,2010-Oct.01,2011


Number of Participants

2


Target Region



Cooperation Period

2008-2010


Training Institution(s)

Ibaraki University


JICA Center



Overall Goal

Through improvement of the precision of scientific intelligence and analytical ability of
agricultural and environmental fields, more useful information can be offered to the
decision makers of each country.


Course Objectives

Capacity development of participants’ research institute through execution of research
activities in Japan and in a home country, prepared on the basis of sufficient discussion
with Japan and the recipient institute related staff.


Course Contents

1) to extract the issues, which are not sufficiently dealt with, to be addressed in the
research plan in Japan with respect to interaction of agriculture and the environment
pertinent to individual / institution / own country.
2) to formulate a research plan in Japan, through lectures, experiments, discussion and
research in the home country.
3) to acquire new research techniques through research activities in Japan, and compile them to a Master’s Degree thesis.
4) to develop an Action plan, a realistic and feasible research plan, through interaction
with Japanese researchers and the home institute for implementation in home country
5) to accumulate a knowledge and information of agriculture and environmental fields
through execution of the research plan, and establish a Network through communication with Japanese researchers and participants.


Qualification of Applicant

1) Do not have Japanese nationality.
2) Have the resident status of “college student” as stipulated under the Immigration Control and Refugee Recognition Act, or can change their present resident status to “college student” after entry into the Graduate School.
3) Have outstanding academic records and excellent knowledge of English(e.g. TOEFL(PBT) 510,TOEIC 680)as standard.
4) have more than 5 years experience of working for the research institutes
5) be willing to work as researcher in the field of agriculture or environmental science.
6) be employed, and have permission for applying to the present program by
the current employer.
7) be under forty-five (45) years of age
8) be in good health, both physically and mentally, to undergo the training program.
9) not be serving in the military


Language of Instruction

English


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency