更新日2012/03/07
横浜国際センター
国内事業部-次長(計画担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

平成21年度インド・ミャンマー国別研修(合同)「内水面漁業コミュニティ開発」

コース名(英)

Country Focused Training Course for India and Myanmar: Inland water fisheries Community Development

 



コース番号

J0922047

G-YIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)水産-(旧)漁村開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ミャンマー

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2009/07/05



2009/08/01

 



研修年度

2009

 



定員

3

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

株式会社国際水産技術開発

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関

横浜国際センター

関連省庁

水産庁

 



上位目標・目的

日本の漁村開発の事例を参考に、漁村コミュニティ開発に必要な基礎的な知識・スキルを身につけ、自国において当該分野でリーダーシップが発揮できるようになる。

コース目標

汽水湖における漁業資源管理、漁民の生計安定・向上のための代替生計活動

コース内容

淡水養殖、漁村コミュニティ開発、農民参加型、稲田養殖/池中養殖、養殖振興によるタンパク源の確保と生計向上
1)漁民(養殖業者含む)が抱える課題に対する漁民自身の取り組み、及び行政による様々な施策・支援方法について学ぶ。

2)漁村振興のための地域の様々な関係者((地方)行政、漁業協同組合、民間業者、その他)の役割と協力体制について学ぶ。

3)研修員が管轄する地域における漁村開発事業の計画・立案についての課題を解決する取組みをまとめる。(A/P)

研修員の資格要件


使用言語


特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Country Focused Training Course for India and Myanmar: Inland water fisheries Community Development


As of

Mar.07,2012


Course Number

J0922047





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2009


Duration of Training

Jul.05,2009-Aug.01,2009


Number of Participants

3


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)



JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency