更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

タイ環境汚染物質調査手法

コース名(英)

Survey Methods of Environmental Pollutants (for Thailand)

 



コース番号

J0220039



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

環境管理-大気汚染・酸性雨


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

タイ

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/9/9



2002/12/22

 



研修年度

2002

 



定員

4

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

埼玉県環境科学国際センター

主な実施機関名(英)

Center for Environmental Science in Saitama

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

 大気・水・廃棄物中における汚染物質を把握するためのサンプリング手法、分析技術及び解析技術を、各種分析機器を利用した実務研修の中で修得することにより、タイ国における環境調査技術の向上を図る。

コース目標

<プログラムA>(1)サンプリング手法、スクリーニング手法による適切な現場調査計画を立案するための知識を習得する。(2)精密分析機器による高度な分析技術及び解析技術を習得する。(3)地方自治体に対し、その技術レベルに応じた調査を計画指導できる応用力を習得する。 <プログラムB>(1)日本における環境法、廃棄物処理法の体系と行政指導の手法を理解する。(2)基礎的な分析技術を習得し、現場調査の手法を理解する。(3)精密機器分析の基礎知識とデータ解析技術を習得する。

コース内容

(1)オリエンテーション課程 (2)前期課程 (3)廃棄物・土壌汚染調査課程 (4)水質調査課程 (5A)精密機器分析課程:I. 有害廃棄物判定試験(溶出試験)コース、II. 河川水質影響調査コース (5B-1)環境汚染防止と法規制課程 (5B-2)指標生物による水質評価課程 (5B-3)廃棄物最終処分場安定化評価課程 (6)後期課程

研修員の資格要件

プログラムAについては、環境研究研修センター(ERTC)の職員、若しくはタイ中央政府の環境汚染担当機関に所属する技官。プログラムBについては、タイの地方政府又は地方公共団体において、環境分野に従事する技術職員。

使用言語

タイ語

特記事項

政府機関職員及び地方自治体職員がそれぞれ参加し、タイ国内においてそれぞれが担当する業務に的を合わせた研修を行い、かつ同時に研修を行うことで互いの連携促進を図る。

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Survey Methods of Environmental Pollutants (for Thailand)


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220039





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Sep.09,2002-Dec.22,2002


Number of Participants

4


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)

Center for Environmental Science in Saitama


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency