更新日2004/10/26
中国国際センター-業務第一チーム
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

ガスタービン・蒸気タービン(石炭)火力発電

コース名(英)

THERMAL POWER ENGINEERING (FOR GAS TURBINE & COAL FIRED STEAM TURBINE)

 



コース番号

J0400578

G-CIC

G-DP

 



スキーム名(和)

研修

 



研修形態

課題別研修(集団)

 



分野課題1

資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

全世界

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2004/09/07



2004/11/14

 



研修年度

2004

 



定員

10

 







協力期間

開始

2002


終了

2006

 



主な実施機関名(和)

(社)海外電力調査会

主な実施機関名(英)

JAPAN ELECTRIC POWER INFORMATION CENTER,INC

 



所管国内機関

中国国際センター

関連省庁

経済産業省

 



上位目標・目的

各国の火力発電所の保守担当技術者に、わが国のメンテナンス技術を伝えることにより、火力発電所の効率的な運用を推進し、参加国の安価で安定した電力供給に資することを目的とする。また、地球規模的な環境課題への対応という視点から環境対策技術を紹介することも目的としている。

コース目標

(1)日本の電気事業体制を理解する。(2)日本の火力発電所における効率的な運用管理技術や新技術、環境保全技術を知る。(3)日本の火力発電所における効率的なメンテナンス方法やトラブル事例に基づくメンテナンス方法を理解する。(4)研修成果を踏まえて自国での課題を改善するための取り組みを検討する。

コース内容

研修は全体研修及びグループ別研修によって構成される。グループ別研修では蒸気タービン(石炭)とガスタービンにそれぞれ分かれる。単元は以下のとおり:「日本の電気事業概要」「発電所管理実務」「発電所運用実務」「発電所メンテナンス実務」「新技術」「製造技術」「環境保全」

研修員の資格要件

(1)ガスタービンまたは石炭火力発電所の運用管理・メンテナンス(機械管理を中心に)を担当している技術者で指導的役割を果たしている者。 (2)業務経験を3年以上有している40歳未満の者。

使用言語

英語

特記事項

応募に際して、「汽力発電」を希望するか、「ガスタービン発電」を希望するか明記することが必要。 政府以外の研修生の場合には政府機関と同等の位置づけが必要。

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

THERMAL POWER ENGINEERING (FOR GAS TURBINE & COAL FIRED STEAM TURBINE)


As of

Oct.26,2004


Course Number

J0400578





Division

Program Team I


Scheme

Training


Sub-Scheme

International Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2004


Duration of Training

Sep.07,2004-Nov.14,2004


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

2002-2006


Training Institution(s)

JAPAN ELECTRIC POWER INFORMATION CENTER,INC


JICA Center

Chugoku International Centre


Overall Goal

This training program is intended for electrical and mechanical engineers who are engaged in the power supply sector of the governmental and private enterprises.The participants are expected: (1)to understand systems of electric industry in Japan,(2)to understand effective techniques of operation and control, and advanced technologies for environmental preservation in thermal power plants,(3)to understand effective maintenance and trouble shooting techniques, and (4)to draw up a future action plan to improve the domestic situations based on the results of the training.


Course Objectives



Course Contents

The program consists mainly of two parts; (1)Training program for all the participants which is aimed to acquire overall knowledge in system of Japan's electric industries etc. (2) the group training program divided into gas turbine power generation and coal fired power generation. Units will be as follows:Plant Management,Plant Operations, Plant Maintenance,New technologies, Production Technologies,Environmental Preservation. Upon submitting the application, the participants are to choose whether he or she would like to take the course for gas turbine or coal fired generation.


Qualification of Applicant

(1)Engineers in charge of management, control and maintenance(especially in the field of Machine) at gas turbine and/or coal fired power generation who has over 3 years experience in the said field,(2)Graduates of university /college technical courses or those with equivalent scholastic ability,(3)Who are under 40years of age


Language of Instruction

English


Remarks

Upon submitting the application, the participants are to choose whether he or she would like to take the course for gas turbine or coal fired generation.





- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency