更新日2015/12/04
中国国際センター
東・中央アジア部-中央アジア・コーカサス課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

火力発電(ガスタービン)維持管理

コース名(英)

Thermal Power Generation (Gas Turbine Combined Cycle)

 



コース番号

J1590034

G-CIC

G-3R

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ウズベキスタン

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2016/02/15



2016/04/07

 



研修年度

2015

 



定員

13

 







協力期間

開始

2014


終了

2016

 



主な実施機関名(和)

海外電力調査会

主な実施機関名(英)

Japan Electric Power Information Center, INC.

 



所管国内機関

中国国際センター

関連省庁

資源エネルギー庁

 



上位目標・目的

ウズベキスタン国内のコンバインドサイクル・ガスタービン発電設備を有する火力発電所において、適切で効率的な運転・維持管理が行われる。

コース目標

1.日本の電気事情について理解する。
2.コンバインドサイクル・ガスタービン発電設備の概要、各機器の構造、技術的特性を理解する。
3.運転技術及び高温部品の維持管理をはじめとする維持管理技術を理解する。

コース内容

【事前活動】
 ①カントリーレポートの作成
 ②ジョブレポートの作成

【本邦活動】

 ①日本の電気事情について理解する。
 ②コンバインドサイクル・ガスタービン発電の仕組みや構造を理解する。
 ③コンバインドサイクル・ガスタービン発電の運用・運転技術を習得する。
 ④コンバインドサイクル・ガスタービン発電の保守技術を習得する。
 ⑤③、④に関し、ウズベキスタン国内で、コンバインドサイクル・ガスタービン発電の運用・ 
  保守人材を育成するに当たり、必要な研修・設備を把握、検討する。
 ⑥ガスタービン発電所の製造技術を理解する。
 ⑦研修センター運用に関する知識を習得する。

研修員の資格要件

ウズベク国内の発電所の運用管理、またはメンテナンス部門で指導的立場にある技術者

使用言語

ロシア語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Thermal Power Generation (Gas Turbine Combined Cycle)


As of

Dec.04,2015


Course Number

J1590034





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2015


Duration of Training

Feb.15,2016-Apr.07,2016


Number of Participants

13


Target Region

Uzbekistan


Cooperation Period

2014-2016


Training Institution(s)

Japan Electric Power Information Center, INC.


JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction

Russian


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency