更新日2008/10/20
中国国際センター-研修業務課
中東・欧州部

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

イラク火力発電(ガスタービン)

コース名(英)

Thermal Power Engineering (Gas Turbine) for IRAQ

 



コース番号

J0822268

G-CIC

G-7R

 



スキーム名(和)

研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

イラク

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2009/01/27



2009/02/27

 



研修年度

2008

 



定員

10

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

社団法人 海外電力調査会、株式会社パワーエンジニアリングアンドトレーニングサービス

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関

中国国際センター

関連省庁

経済産業省

 



上位目標・目的


コース目標

 イラク国の火力発電所の保守担当技術者に我が国の機械系のメインテナンス技術を伝えることにより、火力発電所の効率的な運用を推進し、参加国の安価で安定した電力供給に資することを目的とする。また、地球的規模の環境課題への対応という視点から環境対策技術を紹介することも目的としている。

コース内容

1) 日本の電気事業体制を理解する。
2) 日本の火力発電所における効率的な運用管理技術や新技術、環境保全技術を知る。
3) 日本の火力発電所における効率的なメインテナンス方法やトラブル事例に基づくメインテナンス方法を理解する。
以上の研修を通じて自国での課題を改善するための将来の取り組みを検討する。

研修員の資格要件

(1)政府職員もしくは関係する企業、団体の職員。
(2)現在、火力発電所の運用管理、メンテナンス(主として機械管理を中心に)を担当している技術者であり、同時に指導的役割を果たしている者。
(3)上記(2) に関し、火力発電所の保守経験を15年以上有している者。
(4)帰国後に研修で学んだ成果を上記業務に生かせる者。
(5)技術系大学卒業者、あるいはそれと同等の学力を有する者。
(6)原則年齢45歳以下の者であること。
(7)英語の会話および読み書きに堪能であること。
(8)心身ともに健康である者。
(9)軍人は除く。

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Thermal Power Engineering (Gas Turbine) for IRAQ


As of

Oct.20,2008


Course Number

J0822268





Division



Scheme



Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2008


Duration of Training

Jan.27,2009-Feb.27,2009


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)



JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency