更新日2012/10/18
筑波国際センター
国内事業部-次長(研修業務担当)-研修調整課
国内事業部-次長(研修業務担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

植物遺伝資源管理

コース名(英)

Plant Genetic Resources Management

 



コース番号

J1222110

G-TBIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農村開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

メキシコ

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2013/01/14



2013/01/26

 



研修年度

2012

 



定員

5

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

筑波大学

主な実施機関名(英)

Tsukuba University

 



所管国内機関

筑波国際センター

関連省庁

国立大学

 



上位目標・目的

日墨戦略的グローバル・パートナーシップに資する遺伝資源管理を担当する人材の能力が強化される。

コース目標

メキシコ国立遺伝資源センター(CNRG)のための技術および国家遺伝資源システムについての理解を助けるため、ガイドライン情報を提供する。

コース内容

遺伝資源の探索方法・評価・保全・増殖・配布および情報管理方法を学ぶ。また、コアコレクションおよび凍結保存技術の知識が提供される。

(1)ブリーフィングとプログラムオリエンテーション
技術研修前に、JICA筑波国際センター(JICA筑波)において、ブリーフィングおよびプログラムオリエンテーションが実施され、登録手続き、日本での生活、研修スケジュール等の詳細な情報を提供する。

(2)技術研修
技術研修は、植物遺伝資源管理*の講義、ジーンバンク/ NBRPs /シード部門**への訪問、管理技術技術実習***で構成される。

*筑波大学、農業生物資源研究所(NIAS)ジーンバンクにおける講義
**農業生物資源研究所(NIAS)ジーンバンク、国立遺伝学研究所、種苗管理センター、タキイ種苗株式会社、等
***種子管理、日付管理、凍結保存

研修員の資格要件

(1)遺伝資源分野の研究に従事している者
(2)研究に関する管理的業務に携わっている者
(3)農林水産科学分野で10年以上の経験を有する者
(4)大学印卒業または同等の資格を持つ者
(5)英語とスペイン語において、十分な会話力及び読解力を有する者
(6)肉体的及び精神的に健康である者
(7)現在兵役に従事していない者

使用言語

英語およびスペイン語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Plant Genetic Resources Management


As of

Oct.18,2012


Course Number

J1222110





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2012


Duration of Training

Jan.14,2013-Jan.26,2013


Number of Participants

5


Target Region

Mexico


Cooperation Period

-


Training Institution(s)

Tsukuba University


JICA Center



Overall Goal

Human resources, qualified for Japan-Mexico Global Partnership, being in charge of genetic resources management will be strengthened.


Course Objectives

The aim is to provide guiding information on the genebank management, to assist understanding on technologies for the national genebank (CNRG) and other genetic resources conservation institutions and to support comprehension on the national genetic resources system. The participants are to learn managerial aspects as a leader at a genebank on how to explore, evaluate, conserve, multiply and distribute genetic resources as well as to manage their information. Also, knowledge of core collection and cryopreservation technique will be provided.
Accomplishing the course, trainees obtain integrated knowledge, techniques and experiences on genebank management.


Course Contents

(1) Briefing and Program Orientation
The Briefing Session and Program Orientation are organized at the Tsukuba International Centre (TBIC) of JICA prior to the technical training, to provide participants with details in the program schedule etc.
(2) Technical Training
The technical contents are comprised of the lectures on genetic resources management*, visits to Genebanks / NBRPs / other relevant bioresources centers** and practicum on the management technology***.

* Lectures at National Institute of Agrobiological Sciences (NIAS) Genebank (GB), and Tsukuba University.
** NIAS GB, University of Tsukuba, Animal Genetic Resources Center, Shirakawa, Fukushima, etc.
*** Germplasm management, data management, networking on genetic resources


Qualification of Applicant

Applicants should:
(1)be engaged in research work in the field of genetic resources;
(2)be engaged in managerial work on research
(3) have more than 10 years’ experience in a relevant field in agricultural, forestry and fishery sciences;
(4) hold a graduate degree of university or equivalents;
(5) have a sufficient command of spoken and written English and Spanish
(6) be in good health, both physically and mentally;
(7) not be serving in the military at present.


Language of Instruction

Englisha & Spanish


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency