更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

ルーマニア農業協同組合の組織化/事業方式

コース名(英)

Organizing Agricultural Cooperatives and Business System

 



コース番号

J0220288



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農業政策・制度


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ルーマニア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/6/4



2002/6/30

 



研修年度

2002

 



定員

8

 







協力期間

開始

2002


終了

2006

 



主な実施機関名(和)

(財)アジア農業協同組合振興機関

主な実施機関名(英)

THE INST.FOR THE DEV'T OF AGRICULT'L COOP. IN ASIA

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

当該国に於いては、民営化の進展により小規模個別経営農家が誕生しており、そのための新しい民主的な農業協同組合の育成が必要となっている。関係省庁も農協が極めて重要との認識の下、日本の農協システムに関心を寄せている。こうした状況を踏まえ、日本の農協運動、事業活動、経験を紹介し、組合育成に当たる農業行政官・農民組織指導者の資質向上及び組合育成の方向性を見極める事を目的とする。

コース目標

講義、ケース・スタディ、現地視察研修等から日本の農業協同組合の活動事例を通して、日本の農業協同組合が歴史的にどのように発展し、事業を展開してきたか、そして民主的運営がどのように進められてきたか等、農業協同組合の組織化、組織強化及び事業を運営するためのシステム構築を図るための知識、経験を得ることを目標とする。

コース内容

講義、討議、現地研修により構成される。1)日本の農業および農業協同組合の発展の歴史と現状2)農業協同組合の組織運営のシステム3)農業協同組合の総合事業の運営と推進方法、4)農業協同組合の経営管理から財務、会計、監査システム4)農業協同組合の教育活動と組合員とのコミュニケーション促進活動5)カントリー・レポート6)現地研修7)レポート作成

研修員の資格要件

1)大学または専門学校を卒業し農民組織、協同組合  の組織化に関する業務に従事している者。 2)研修参加後、5年以上引き続き農協組織に関わる   業務に勤務することが予定されている者。 3)45才以下である者。4)妊娠していない者。

使用言語

英語

特記事項

日本語集中講座:無

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Organizing Agricultural Cooperatives and Business System


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220288





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jun.04,2002-Jun.30,2002


Number of Participants

8


Target Region



Cooperation Period

2002-2006


Training Institution(s)

THE INST.FOR THE DEV'T OF AGRICULT'L COOP. IN ASIA


JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency