更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

カンボディア社会福祉行政

コース名(英)

SOCIAL WELFARE ADMINISTRATION(CAMBODIA)

 



コース番号

J0220011



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

社会保障-社会保険・社会福祉


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

カンボジア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/5/28



2002/7/20

 



研修年度

2002

 



定員

5

 







協力期間

開始

2000


終了

2004

 



主な実施機関名(和)

(社)国際厚生事業団

主な実施機関名(英)

Japan International Corporation of Welfare Service

 



所管国内機関


関連省庁

厚生労働省

 



上位目標・目的

カンボディアは、その歴史背景から、心身障害者の割合が高く、障害者福祉に携わる人材の育成は急務である。また、軍縮に伴う兵士の失職や、公務員削減等により失業者の自立支援が必要である。他方で、社会福祉行政に関する十分な知識を持った人材が不足している。本研修では、同国の当該分野に携わる人材が、社会福祉事業の基本となる行政の知識を習得することを目的としている。

コース目標

1 社会福祉事業の基本理念を理解する。 2 社会福祉事業における政府の役割を理解する。 3 日本における社会福祉事業及び雇用対策事業の概要を理解する。

コース内容

1 JICWELSの実施するアジア社会行政官研修(内容は以下の通り)に参加する。 (1)日本の社会制度と社会福祉、(2)社会保障の発展経緯と将来展望、(3)地方自治体の機能と役割、(4)地方自治体の機能と役割、(5)公的扶助の現状、(6)老人福祉行政、(7)児童福祉行政、(8)知的障害児(者)福祉行政、(9)精神障害者福祉行政、(10)身体障害者福祉行政、(11)女性に対する権利の侵害、(12)障害者就労支援、(13)日本の社会福祉と各国の社会福祉 2 カンボディア国の実情に照らし、以下の研修を実施する。 (1)社会福祉統計実務、(2)少年非行対策、(3)薬物乱用防止啓蒙活動、(4)児童労働に関する法制度、(5)厚生省の予算、(6)アジアの福祉とカンボディアの福祉、(7)PCM研修

研修員の資格要件

中央政府において社会福祉行政に関わる行政官で課長レベルの者

使用言語

クメール語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

SOCIAL WELFARE ADMINISTRATION(CAMBODIA)


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220011





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

May.28,2002-Jul.20,2002


Number of Participants

5


Target Region



Cooperation Period

2000-2004


Training Institution(s)

Japan International Corporation of Welfare Service


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency