更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

中・東欧地域産業環境対策

コース名(英)

Industrial Pollution Control

 



コース番号

J0220140



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

環境管理-大気汚染・酸性雨


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

欧州地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2003/1/27



2003/3/21

 



研修年度

2002

 



定員

9

 







協力期間

開始

1993


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

北九州国際技術協力協会

主な実施機関名(英)

KITAKYUSHU INT'L TECHNO-COOPERATIVE ASSOCIATION

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

東欧諸国における大気、水質、廃棄物処理等の環境対策について、過去、産学官一体となって激しい公害を克服した日本の実績を参考に、現在EU加盟にむけて取り組んでいる当該国政府の政策立案、実施能力強化、そして効果的な環境保全計画を策定し、各国の公害問題解決に資することを目的とする。

コース目標

(1)日本の環境保全政策の現状と環境国際協力について理解する (2)公害の歴史と現在の状況、法規を理解する (3)大気汚染監視、水質汚濁防止、廃棄物処理の実施方法を理解する (4)政府と地方自治体の役割と施策を理解する (5)産業別の各種製造施設における環境保全対策を理解する

コース内容

・環境保全に関する基礎理論習得 ・行政施設及び企業の実地見学 ・環境大気及び水質モニタリング分析

研修員の資格要件

(1)中央又は地方政府にて環境保全業務に携わり水質・大気・産業廃棄物の3分野のうち2分野以上で経験を有する行政官または技術者(2)研究所での経験がある者(3)大学卒業または同等の知識を有する者

使用言語

英語

特記事項

2002年度で終了予定

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Industrial Pollution Control


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220140





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jan.27,2003-Mar.21,2003


Number of Participants

9


Target Region



Cooperation Period

1993-2002


Training Institution(s)

KITAKYUSHU INT'L TECHNO-COOPERATIVE ASSOCIATION


JICA Center

Programme Division


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency