更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク研修

コース名(英)

Acid Depositon Monitoring Network in East Asia

 



コース番号

J0220217



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

環境管理-大気汚染・酸性雨


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

アジア地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/10/7



2002/12/15

 



研修年度

2002

 



定員

8

 







協力期間

開始

9


終了

13

 



主な実施機関名(和)

兵庫県立健康環境科学研究センター

主な実施機関名(英)

HYOGO PREFECTURAL INS. OF ENVIRONMENTAL SCIENCE

 



所管国内機関


関連省庁

環境省

 



上位目標・目的

 東アジア諸国において酸性雨問題に従事する中堅技術者を対象に、講義、実験・実習等を通して酸性雨のモニタリング技術を習得させると共に、酸性雨の発生機構、環境影響等について理解させる。  また各種の煤煙発生施設・煤煙処理施設、大気環境監視施設、自動車排出ガス低減対策等に関する講義・見学等を行い、原因物質の発生源対策の理論と実務を習得させる。  このほか、我が国を含め広くアジア諸国の実務・行政担当者、研究者、技術者等の相互交流と協同の取り組みを目指し、東アジア地域の酸性雨の実態、発生・影響メカニズムの解明や科学的知見に基づく地域協同の酸性雨対策の枠組みづくりを図り、東アジア酸性雨モニタリングネットワークの効果的な運用に資する。

コース目標

(1)東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)による統一的な酸性雨モニタリング手法に沿って、大気系、水系、土壌・植生系における酸性雨モニタリング技術(精度保証・精度管理(QA/QC)を含む)を習得する。 (2)汚染物質の移流・拡散、酸性雨の発生機構、酸性雨による環境影響に関連する知識を習得する。 (3)酸性雨による森林、土壌、湖沼その他の生態系への環境影響に関連する知識を習得する。 (4)工場における煤煙防止技術、自動車排出ガス低減対策など酸性雨の原因物質の排出低減技術、大気環境監視技術等を習得する。

コース内容

(1)研修カリキュラムのねらい  研修員が、今後自国で酸性雨のモニタリング、酸性雨の原因物質の発生源対策等をすすめるうえで役立つ、幅広い知識や技術を習得させる。 (2)研修カリキュラムの基本構成  ア 酸性雨のモニタリング等   講義、機器を用いる野外演習、研究室での実験・実習等を行う。  イ 発生源対策等   講義、煤煙発生施設・煤煙処理施設・大気環境監視観測施設等の見学を行う。  ウ 我が国における代表的な酸性雨研究施設等の見学を行う。

研修員の資格要件

(1)東アジア地域で現在EANETに係る活動を実施、又は今後実施する予定の中級技術者で、環境管理に係る3~10年の経験を有するもの。 (2)大学卒業又は同等レベル

使用言語

英語

特記事項

日本語集中講座あり(40時間程度)

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Acid Depositon Monitoring Network in East Asia


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220217





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Oct.07,2002-Dec.15,2002


Number of Participants

8


Target Region



Cooperation Period

9-13


Training Institution(s)

HYOGO PREFECTURAL INS. OF ENVIRONMENTAL SCIENCE


JICA Center

Hyogo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency