更新日2008/04/08
沖縄国際センター
国内事業部-次長(研修業務担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

教育工学に基づく教育設計(長期)

コース名(英)

Educational Technology-based Instructional Systems (Master's degree: Instructional System)

 



コース番号

J0910159

G-OIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

課題別研修(長期)

 



分野課題1

教育-その他教育


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

マレーシア, マラウイ

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2009/09/06



2011/03/31

 



研修年度

2009

 



定員

2

 







協力期間

開始

2009


終了

2010

 






通算協力期間

開始年

2009

終了年

2010

 







協力期間履歴

当初/延長

開始年

終了年


備考



当初

2009

2010































 



主な実施機関名(和)

国立大学法人 熊本大学、財団法人 日本国際協力センター

主な実施機関名(英)

Kumamoto University, Japan International Cooperation Center

 



所管国内機関

沖縄国際センター

関連省庁

独立行政法人国際協力機構

 



上位目標・目的

各セクターにおける人材育成・教育が向上される。

コース目標

中央政府及び地方自治体における人材育成・教育に携わる者におけるeラーニング(インターネットを用いた遠隔教育)プログラム作成能力が向上する。

コース内容

<単元目標1> 教育の効果・効率・魅力を高めるための方法論であるインストラクショナル・デザインの知識を習得する。
<研修内容1> eラーニング概論、インストラクショナル・デザイン、基礎的教育論

<単元目標2> eラーニングに不可欠な情報通信技術を習得する。
<研修内容2> 学習支援情報通信システム論、基盤的情報処理論

<単元目標3> 著作権などの教育コースを開発・流通する上での重要な知的財産権に関する知識を習得する。
<研修内容3> ネットワーク上の知的財産権及び私権

<単元目標4> 教育活動、教育ビジネスや開発プロジェクトのマネージメントスキルを習得する。
<研修内容4> 教育ビジネス経営論、遠隔教育実践論、eラーニング政策論

<単元目標5> その他専門分野のスキルを習得すると伴に、修士論文を作成する。
<研修内容5> eラーニング実践演習、情報リテラシー教育におけるeラーニング、高等教育におけるeラーニング、職業人教育訓練におけるeラーニング、国際協力におけるeラーニング、修士論文作成研究

 なお、修士論文作成研究においては、研修員は、自国に一時帰国し、現地調査を行い、この結果について、修士論文執筆を行う。

研修員の資格要件

<職位> 人材育成・教育の計画立案に携わる中央官庁もしくは地方自治体の職員
<職務経験> 学士を有していること。当該分野で2年以上の経験を有していること。
<その他> 英語が堪能なこと。

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Educational Technology-based Instructional Systems (Master's degree: Instructional System)


As of

Apr.08,2008


Course Number

J0910159





Division



Scheme



Sub-Scheme

Long Term


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2009


Duration of Training

Sep.06,2009-Mar.31,2011


Number of Participants

2


Target Region



Cooperation Period

2009-2010


Training Institution(s)

Kumamoto University, Japan International Cooperation Center


JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency