更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

ラオス初等中等理数科教育

コース名(英)

Science and Mathematics Education for Primary and Secondary School

 



コース番号

J0220273



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

教育-基礎初中等教育(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ラオス

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/10/14



2002/12/16

 



研修年度

2002

 



定員

10

 







協力期間

開始

2002


終了

2004

 



主な実施機関名(和)


主な実施機関名(英)


 



所管国内機関


関連省庁


 



上位目標・目的

ラオスでは、初等中等教育の普及と質の向上は最重要課題の一つであり、特に理数科教育の向上、そのための教員養成担当教等の能力向上は極めて重要である。本コースは、ラオスにおける初等中等教育の環境に適した教材の開発やカリキュラム編成等の計画が可能な、リーダーとなる教員の養成、訓練を行うことを目的とする。

コース目標

(1)日本の教育について制度は現状の概要を理解する。(教育制度、教員養成制度、教員研修制度、教育環境等) (2)日本の理数科教育の現状及び実践方法を理解する。(系統性、授業設計、理数科教授法、教材開発等) (3)日本の理数科教育を参考に自国で可能な理数科授業を計画する。

コース内容

(1)日本の教育行政・教育方針、理数科教育カリキュラム等に関する講義 (2)理数科教材の研究 ・理論(数学と理科のグループに分かれて、演習を通じて教材開発理論を学ぶ) ・実験・実習(主に理科教育において実施する) ・視察(徳島県教育研修センターで教材開発の現場を見学する) (3)実地研修 徳島県内の小中学校にて、日本の教員の勤務体系、授業展開等を共同で研修する。 (4)討論 本コースの研修成果、帰国後の教員指導者としての準備等を討論形式で発表する。

研修員の資格要件

(1)教育関係機関において、3年以上の実務経験を有する者 (2)大学或いは教員養成学校卒業、またはこれに準じる学歴を有する者 (3)原則として45歳以下の者

使用言語

ラオ語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Science and Mathematics Education for Primary and Secondary School


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220273





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Oct.14,2002-Dec.16,2002


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

2002-2004


Training Institution(s)



JICA Center

Shikoku Branch Office


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency