更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

中南米地域上水道漏水対策

コース名(英)

Prevention for Water Supply Leakage

 



コース番号

J0220094



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

水資源・防災-水資源開発(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

北米・中南米地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/9/17



2002/11/29

 



研修年度

2002

 



定員

9

 







協力期間

開始

1998


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

(社)日本水道協会

主な実施機関名(英)

JAPAN WATER WORKS ASSOC.

 



所管国内機関


関連省庁

厚生労働省

 



上位目標・目的

漏水率が高い中南米3ヵ国(ボリヴィア、メキシコ、ホンデュラス)の水道事業体の中堅技術者を育成するため、漏水対策及び給排水施設の維持管理に関する知識及び技術の習得を図り、飲料水の安定供給に資することを目的とする。

コース目標

1 我が国の給配水装置の構造と特性を理解する。 2 漏水発生時の探査方法と修理の具体的方法を理解する。 3 漏水予防的対策として給配水工事と維持管理を理解する。

コース内容

講義を中心として、講義項目に関連する実習及び見学により構成される。また、各国の状況の発表と意見交換、漏水防止計画等演習の作成及び発表が実施されている。1)総論(日本の水道の概要、配水施設及び給水装置の概要、水道管との水理と水質、管路の敷設と施工)、2)水量管理(日本の優秀率向上対策、配水量・漏水量分析、流量計器の種類・性能及び管理、水道メーターの種類・性能及び管理)、3)漏水対策(漏水の特性、漏水防止作業の分類、漏水防止作業計画)、4)漏水の予防対策(配水管の改良・更新、配水調整、配水管の改良・更新)、給水工事の管理、給・配水管の継手性能、水路管路診断法、管路情報の整備)

研修員の資格要件

1)現在水道事業に従事しており、且つ、シビルエンジニアとして3年以上の経験を持つ者、2)40歳以下の中堅技術者

使用言語

西語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Prevention for Water Supply Leakage


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220094





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Sep.17,2002-Nov.29,2002


Number of Participants

9


Target Region



Cooperation Period

1998-2002


Training Institution(s)

JAPAN WATER WORKS ASSOC.


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency