更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

中・東欧地域省エネルギー対策

コース名(英)

Energy Efficiency and Conservation for Central and Eastern European Countries

 



コース番号

J0220136



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

欧州地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/10/13



2002/11/16

 



研修年度

2002

 



定員

11

 







協力期間

開始

1994


終了

2003

 



主な実施機関名(和)

(財)省エネルギーセンター

主な実施機関名(英)

THE ENERGY CONSERVATION CENTER JAPAN

 



所管国内機関


関連省庁

経済産業省

 



上位目標・目的

我が国の省エネルギー推進政策やその進捗状況、産業界等における省エネルギー管理手法・技術等を紹介することにより、当該地域の省エネルギーの推進に寄与することを目的とする。

コース目標

研修を通じて、下記の事項を理解することを目標とする。 (1)我が国におけるエネルギー情勢とエネルギー政策の概要 (2)省エネルギー政策と省エネルギー推進のための具体的施策 (3)産業界等における省エネルギーへの取り組み状況 (4)エネルギー管理手法・技術

コース内容

(1)我が国のエネルギー事情  ・世界及び我が国のエネルギー事情、長期的エネルギー需給見通し、我が国のエ  ネルギー政策の概要 他 (2)我が国の省エネルギー政策及び推進状況  ・我が国の省エネルギー政策の概要及びこれまでの推移、省エネルギー推進のた  めの法規及び税制、省エネルギー推進優遇策の事例 他 (3)各国の事例紹介(カントリー・レポート発表) (4)主要省エネルギー事例の視察 他

研修員の資格要件

(1)各国のエネルギー分野に従事している事務官もしくは技術者 (2)大学卒業もしくは同程度の知識を有する者 他

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Energy Efficiency and Conservation for Central and Eastern European Countries


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220136





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Oct.13,2002-Nov.16,2002


Number of Participants

11


Target Region



Cooperation Period

1994-2003


Training Institution(s)

THE ENERGY CONSERVATION CENTER JAPAN


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency