更新日2009/11/26
九州国際センター
国内事業部-次長(計画担当)-計画課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

(補正)スリランカ「エコツーリズム研修」

コース名(英)

Training for Ecotourism for Sri Lanka

 



コース番号

J0922810

G-KIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

自然環境保全-その他自然環境保全


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

スリランカ

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2010/03/28



2010/04/24

 



研修年度

2009

 



定員

15

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

くすの木自然館

主な実施機関名(英)

Kusunoki Nature Museum

 



所管国内機関

九州国際センター

関連省庁


 



上位目標・目的

自然資源を観光資源として活用するためのアクションが取られる。

コース目標

研修対象者が、地域の自然資源の活用について習得し、自然資源を観光資源として活用する効果と課題を把握する。

コース内容

1.1 エコツーリズム総論と日本のエコツーリズム施策
1.2 エコツーリズムによる環境教育と地域への経済効果
1.3 事例視察:地域の資源を活用したエコツーリズムの取り組み、地域の産業と連携したエコツアープログラム
1.4 アクションプランの作成発表と討議
2.1 エコツーリズム総論と日本のエコツーリズム施策
2.2 観光資源統計調査分析法、大学との連携
2.3 事例視察:地域の資源を活用したエコツーリズムの取り組み、地域の産業と連携したエコツアープログラム
2.4 自国のエコツーリズム実施へ向けた課題提言の考察と発表
3.1 エコツーリズム総論と日本の地域レベルのエコツーリズム
3.2 事例視察:地域の資源を活用したエコツーリズムの取り組み、地域の産業と連携したエコツアープログラム
3.3 自然環境教育手法の理解、実習
3.4 地域資源を活用したエコツアー企画、発表
4.1 エコツーリズム総論と日本の地域レベルのエコツーリズム
4.2 事例視察:地域の資源を活用したエコツーリズム、地域の産業と連携したエコツアープログラム、観光関連機関及び施設視察
4.3 魅力的で地域貢献型エコツーリズムパッケージとマーケティング
4.4 エコツアーのパッケージ企画と広報ツールの作成、発表

研修員の資格要件


使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Training for Ecotourism for Sri Lanka


As of

Nov.26,2009


Course Number

J0922810





Division

TA


Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2009


Duration of Training

Mar.28,2010-Apr.24,2010


Number of Participants

15


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)

Kusunoki Nature Museum


JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency