更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

アフリカ地域野生生物保護管理

コース名(英)

Wildlife Conservation and Management (for African Countries)

 



コース番号

J0220214



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

環境管理-大気汚染・酸性雨


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

アフリカ地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/8/13



2002/10/6

 



研修年度

2002

 



定員

10

 







協力期間

開始

1999


終了

2003

 



主な実施機関名(和)

環境省自然環境局

主な実施機関名(英)

Nature Conservation Bureau, Min of the Environment

 



所管国内機関


関連省庁

環境省

 



上位目標・目的

 野生生物は、アフリカ地域における観光資源であるとともに、人類共同の財産でもある。しかしながら、経済の停滞、内乱、密猟、人口爆発、農地の拡大等によりその保護管理は脅かされている。本研修は、アフリカ地域の現場職員に対し、現場で不足している技術や概念を補い、人材育成に貢献し、アフリカ諸国同士の相互理解の向上を図り、また日本の援助理念や手法への理解を深めることを目的とする。

コース目標

(1)様々な調査の手法・技術を修得する (2)総合的な調査計画を立案・実施できるようになる (3)調査結果の整理・解析、調査結果の保護管理への適応ができるようになる (4)野生生物保護管理の基本的な考え方を習得する (5)日本や他国における野生生物ならびに国立公園の保護管理について、その歴史や最新の政策を理解し、自国における保護管理システムとの比較検討が行えるようになる (6)野生生物保護管理分野における日本の国際協力について、基本的な理念や政策を理解する

コース内容

(1)カントリーレポート発表会:発表、討論 (2)野生生物調査:野生動植物調査の方法論(哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、昆虫類、植物)、実地調査とデータ収集(小型哺乳類、大型哺乳類、鳥類、植物、水生昆虫等)、パソコンを利用してのデータ分析と調査結果の報告、討論 (3)日本及び世界における自然公園や自然環境の保護体系:日本及び世界における自然保護の基本政策と歴史的経緯、日本における自然公園の設計・計画・調査活動、自然公園の管理・規則と野生生物保護管理、エコ・ツーリズム(4)野生生物保護分野における日本の国際協力:基本的な対応、事例紹介(JOCV事例、ザンビア事例)(5)アクションプランの計画・立案・討論と発表:架空国を設定してのマスタープラン・調査研究・プロポーザル等の作成演習、プレゼンテーションスキルの学習・実施、総合討論

研修員の資格要件

(1)野生生物保護管理を担当する政府機関に所属し、現に調査や監視を行っている技術職員であり、3年以上の経験を有する者 (2)大学卒業者若しくは同等の技術的な資格を有する者 (3)年齢が40歳以下の者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Wildlife Conservation and Management (for African Countries)


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220214





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Aug.13,2002-Oct.06,2002


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

1999-2003


Training Institution(s)

Nature Conservation Bureau, Min of the Environment


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency