更新日2014/09/18
中国国際センター
東・中央アジア部

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

国別研修ウズベキスタン「火力発電(ガスタービン)維持管理」

コース名(英)


 



コース番号

1490021

G-CIC

G-3R

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

資源・エネルギー-エネルギー供給


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ウズベキスタン

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2014/10/15



2014/12/09

 



研修年度

2014

 



定員

13

 







協力期間

開始

2014


終了

2014

 



主な実施機関名(和)

海外電力調査会 電力国際協力センター(JEPIC)、㈱パワー・エンジニアリング・アンド・トレーニングサービス(PET)

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関

中国国際センター

関連省庁

資源エネルギー庁

 



上位目標・目的

ウズベキスタン国内のコンバインドサイクル・ガスタービン発電設備を有する火力発電所において、適切で効率的な運転・維持管理が行われる。

コース目標

コンバインドサイクル・ガスタービン発電設備を有する火力発電所職員が、同設備の効率的な運用・運転及び維持管理技術の向上に関する知識・技術を習得する。

コース内容

【事前活動】
①カントリーレポートの作成
②ジョブレポートの作成

【本邦活動】
①日本の電力事業概要を理解する。
②コンバインドサイクル・ガスタービン発電の仕組みや構造を理解する。
③コンバインドサイクル・ガスタービン発電の運用・運転技術を習得する。
④コンバインドサイクル・ガスタービン発電の保守技術を習得する。
⑤③④に関し、ウズベキスタン国内で、コンバインドサイクル・ガスタービン発電の運用・保守人材を育成するに当たり、必要な研修・設備を把握、検討する。
⑥ガスタービン発電所の製造技術を理解する。
⑦研修センター運用に関する知識を習得する。

【事後活動】
①研修で取得した知識・技術の所属組織内での共有

研修員の資格要件


使用言語

ロシア語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title



As of

Sep.18,2014


Course Number

1490021





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2014


Duration of Training

Oct.15,2014-Dec.09,2014


Number of Participants

13


Target Region



Cooperation Period

2014-2014


Training Institution(s)



JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency