更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

ヴィエトナムエイズ対策技術研修

コース名(英)

aa

 



コース番号

J0220274



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

保健医療-その他保健・医療(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ベトナム

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/7/15



2002/8/22

 



研修年度

2002

 



定員

10

 







協力期間

開始

2002


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

国立感染症研究所

主な実施機関名(英)

NATIONAL INSTITUTE OF INFECTIOUS DISEASES

 



所管国内機関


関連省庁


 



上位目標・目的

ヴィエトナムでは現在約20,000人のエイズ感染者がいて、その内2,000人を越す死者を記録している。その早期発見がいまだ困難な状況にある。ヴィエトナム政府は1989年にエイズ監視委員会を設立、蔓延対策に着手したが、サーベイランスの具体的手法や予防教育等の面で、技術的に徹底できない課題が残されているところ、我が国の技術指導を要望こした。

コース目標

エイズ感染対策の全般的知識の習得を目標とする。

コース内容

早期診断:ラジオアッセイ、Western Blot法、Particle Agglutination(PA)法、      蛍光抗体法、ポリメラーゼ拡散反応試験等血清学診断法、表層診断法 母子感染:臍帯沈査のメカニズム、母胎と胎児客体の侵潤様態と酵素分離、母乳の      抗体と感染、Integrated Assorting Nutrientsの効果測定 治療:  AZTサイクル注射のプロトコール、ワクチン投与の開発と治療、エンゾ     イム構成とCD細胞添加法、日和見感染疾患の治療におけるアントキシ     ンと免疫強化剤投与の効果等 サーベイランス:早期発見確立の仕組み、Mop Up Operationの実際、定点監視の利        点と人材育成、WANシステムにおけるフィードバック体制 予防対策:防具の利用と性教育、ピアカウンセリング、IECにおけるツール開発等

研修員の資格要件

45歳以下で実際にエイズ対策に従事している行政官、医師又は研究者

使用言語

英語又はベトナム語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

aa


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220274





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jul.15,2002-Aug.22,2002


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

2002-2002


Training Institution(s)

NATIONAL INSTITUTE OF INFECTIOUS DISEASES


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency