更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

フィリピン電子海図データ作成

コース名(英)

Electronics Navigational Charts Data Producing

 



コース番号

J0220222



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

その他-その他


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

フィリピン

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/9/3



2002/12/1

 



研修年度

2002

 



定員

3

 







協力期間

開始

2001


終了

2003

 



主な実施機関名(和)

海上保安庁水路部

主な実施機関名(英)

HYDROGRAPHIC DEPARTMENT, JAPAN COAST GUARD

 



所管国内機関


関連省庁

国土交通省

 



上位目標・目的

比国は旅客運送の10%及び物資輸送の50%を海上輸送が担い、海上運送の安全確保は社会・経済の発展に不可欠である。また国際水路機関の決議で比国は自国水域の国際海図の作成・刊行の責務を負っている。当該研修は右プロジェクト関係者に電子海図データ作成技術を取得させることにより、比国の電子海図データベース構築と電子海図の刊行の一段の促進を目的に研修を実施するものである

コース目標

1)電子海図作成ソフトウェアの操作方法を習得する。 2)電子海図データの構造を規定するIHO S-57に基づくオブジェクトの作成とアト リビュートの作成を学ぶ。 3)電子海図の最適化・品質管理の概要、及び電子海図データベースの概要を習得する。 4)さらに、比国の技術者にとって観念の希薄な維持管理、保守点検の必要性を理解する。

コース内容

国際水路機関(IHO)が定めている電子海図の作成基準S-57 Edi.3.1に基づき、講義と実習によりその理解を深めると共に電子海図データの作成等に必要な技術の取得を図るものである。主要項目は次の通り  1) ENC Designerの説明 2)ENC Analyzerの概要説明 3)ENC Analyzerの概要説明 4)ENC Simulatorの概要説明 5)小縮尺電子海図作成のOJT 6)電子海図データベースの概要

研修員の資格要件

1)大学卒業又は同等の学力を有する者。 2)LINUX機の基礎知識及び運用能力を有する者。 3)S-57の基礎知識を有する者。

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Electronics Navigational Charts Data Producing


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220222





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Sep.03,2002-Dec.01,2002


Number of Participants

3


Target Region



Cooperation Period

2001-2003


Training Institution(s)

HYDROGRAPHIC DEPARTMENT, JAPAN COAST GUARD


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency