更新日2012/09/10
筑波国際センター
国内事業部-次長(研修業務担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

農地・農業用水利施設の復旧・復興セミナー

コース名(英)

Disaster Management of Damaged Irrigation and Water Management Facilities for agriculture

 



コース番号

J1230008

G-TBIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農村開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

インドネシア, フィリピン, タイ, カンボジア, ラオス, 東ティモール, ベトナム, ミャンマー, バングラデシュ, パキスタン, スリランカ, キルギス, タジキスタン, ウズベキスタン

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2012/11/28



2012/12/08

 



研修年度

2012

 



定員

13

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)


主な実施機関名(英)


 



所管国内機関

筑波国際センター

関連省庁

農林水産省

 



上位目標・目的

農地・農業用水利施設の災害対策強化のための具体的な施策が検討される。

コース目標

災害対策において、各国の施策として導入できる農地やその技術的課題、関連技術などの知識を得る。具体的には、研修員それぞれが日本の現在の被害状況、緊急時対策、農業復興計画、農林水産省の役割など災害対策の全体像を理解できる。

コース内容

(1) 日本における被災状況の実態の把握により、防災上の課題、問題点が理解される。
(2) 農地や農業施設復旧時における、震災後の防災対策、技術に対する日本の知見を習得することにより農地・農業用施設の復旧及び防災に必要な施策や技術が整理される。
(3) 防災を契機とした大規模化、高付加価値化、経営の多角化等の計画と推進上の課題、問題点が把握される。
(4) 上記1~3の概要をとりまとめ、帰国してから日本の復興状況と自国における防災上の改善点の提案や問題提起するための説明資料が作成される。
(5) 現地視察、及び研修参加者間の意見交換を通じて、関係国間のネットワークが強化される。

研修員の資格要件

(1)農業部門における災害管理責任者。中央政府農業機関の指揮官またはより高いレベルの高官
(2)大学卒業かそれと同等の学力を持つ者
(3)研修に支障のない語学力(英語)
(4)政府の推薦による者
(5)健康である者
(6)軍に従事していない者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Disaster Management of Damaged Irrigation and Water Management Facilities for agriculture


As of

Sep.10,2012


Course Number

J1230008





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2012


Duration of Training

Nov.28,2012-Dec.08,2012


Number of Participants

13


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)



JICA Center



Overall Goal



Course Objectives

To obtain knowledge on the disaster response to agricultural land and its technical challenges, and related technology in order to reflect on measures and policies to the respective countries. In detail, each participant will understand the current disaster situation in Japan, emergency responses, restoration plans on agriculture, and the policy involvement from the MAFF (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries) as a whole picture of disaster management.


Course Contents

The program objectives are as follows.
(1) To understand the challenges and issues on disaster prevention by observing the current damage situation in Japan.
(2) To comprehend disaster measures, policies and technology on disaster management and prevention upon agricultural land and irrigation facilities by learning Japanese experiences and practices.
(3) To accumulate knowledge about planning on and/or transferring to large scale business, higher value-added business and diversified agriculture after a disaster, and its challenges and issues.
(4) To design a guidance/material explaining Japanese disaster management and prevention, and its application to the respective countries.
(5) To enhance a network among the related countries through site visits and exchange of opinions and experiences among participants and Japanese counterparts.


Qualification of Applicant

(1) Directors or higher level senior officers in the central government agricultural agencies responsible for disaster management in the agricultural sector
(2) to be university graduates or to have an equivalent educational background,
(3) to have a sufficient command of spoken and written English,
(4) to be nominated by their government in accordance with the procedures mentioned below,
(5) to be in good health both physically and mentally to undergo the training, and
(6) not to be serving in the military.


Language of Instruction

English


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency