更新日2010/11/04
筑波国際センター
農村開発部-畑作地帯グループ-畑作地帯第二課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

東部黒海地域営農改善人材育成研修

コース名(英)

Country Focused Training on Human Resources Development for DOKAP-TARIM Project

 



コース番号

J1022820

G-TBIC

G-RD

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農村開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

トルコ

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2011/01/10



2011/02/01

 



研修年度

2010

 



定員

9

 







協力期間

開始

2010


終了

2011

 



主な実施機関名(和)

筑波国際センター

主な実施機関名(英)

Tsukuba training Center

 



所管国内機関

筑波国際センター

関連省庁


 



上位目標・目的

DOKAP-TARIMプロジェクトによる営農改善活動が継続的に実施される。

コース目標

研修参加者によって、対象県における中期営農改善計画策定およびDOKAP-TARIMプロジェクトの継続的取り組みにおいて、研修成果を生かした活動がなされる。

コース内容

1-1 研修参加者が、日本における農業生産技術、代替収入源選定、農産物加工、マーケティング、生産物流通等の営農改善活動に関する講義を聴講し、関連施設を視察する。
2-1 研修参加者が、講義および視察で得た知見や技術について考察、討論する。
3-1 研修参加者が、討論、ワークショップ等を通じて、帰国後の活動についてのAction Planを作成する。
4-1 研修参加者が、帰国後に報告会やセミナー等を通じて研修の成果を共有し、Action Planに基づいて、中期営農改善計画策定およびDOKAP-TARIMプロジェクトの継続的取り組みにかかる活動を実施する。

研修員の資格要件

(1)トラブゾン県を除くDOKAP-TARIMプロジェクト対象県のプロヴィンシャル・コーディネーター(5名)
(2)トラブゾン県新規DOKAP-TARIM担当者(3名)
(3)農業生産開発局(TUEGM)職員(1名)

使用言語

トルコ語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Country Focused Training on Human Resources Development for DOKAP-TARIM Project


As of

Nov.04,2010


Course Number

J1022820





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2010


Duration of Training

Jan.10,2011-Feb.01,2011


Number of Participants

9


Target Region



Cooperation Period

2010-2011


Training Institution(s)

Tsukuba training Center


JICA Center



Overall Goal

The DOKAP-TARIM Project is implemented continuously by the Turkish Government after termination of the JICA technical cooperation.


Course Objectives

The Participants of the training program in Japan contribute to the formulation of “Mid-term Farming Improvement Plan” in targeted province and implement the DOKAP-TARIM Project properly as part of the outcomes of the training.


Course Contents

(1) Agricultural and rural development in Japan was understood by the participants through classroom lectures and site visits during the training in Japan.
(2) Adaptable knowledge and technical skills to the targeted areas for improving livelihood of small-scale farmers are identified.
(3) Action Plans on the formulation of “Mid-term Farming Improvement Plan” and DOKAP-TARIM Project are prepared by the participants compiling and utilizing the outcomes of the training.
(4) Knowledge and experiences gained through the training in Japan are shared in the region, and activities based on Action Plan are implemented.


Qualification of Applicant

Current Duties:
- 5 Provincial Coordinators from each of 5 provinces (Ordu, Giresun, Gumushane, Rize, Artvin)
- 3 Counterparts at Trabzon Province
- 1 Project Coordination and Implementation Personnel at TUGEM


Language of Instruction

Turkish


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency