更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

中米・カリブ職業訓練向上セミナー

コース名(英)

Seminario de Administracion para Mejoramiento Formacion Profecional

 



コース番号

J0220296



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

北米・中南米地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/10/1



2002/11/15

 



研修年度

2002

 



定員

9

 







協力期間

開始

2002


終了

2004

 



主な実施機関名(和)

職業能力開発総合大学校

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

工場の稼働率を高める為、設備の運転・維持管理中心に初級・中級レベルの中堅技術者養成訓練と再訓練での新技術習得が急務である。その為に政府系職業訓練機関にてこれまでのカリキュラム見直しと共に企業での現場実習制度の導入等企業内訓練システムの充実を図る為、新たに職業訓練指導員の増強を図る。また、これまでの指導員の再活用で最新技術訓練に対応した訓練内容の充実を図る。

コース目標

1. 指導技法を訓練カリキュラム開発、訓練の展開に適用できる。 2. 指導技法を普及、向上できる。 3. 日本の経済、社会的な背景の中で職業能力開発がどのように行われているか理解する。 4. 職業能力開発施設の中で、実際に職業訓練がどのように行われているか、特に職業訓練指導員がどのように訓練コースを計画し、指導の準備をしているかを理解する。

コース内容

1. 指導技法(指導員の役割と技術技能教育、ニーズ調査とコース設定の方法、訓練カリキュラムの設定、訓練評価の進め方、指導の基本、講義の進め方、実習の進め方) 2. 視聴覚教材作成(コンピューターによるプレゼンテーション技法、コンピューターによる印刷教材及び視聴覚教材の作成) 3. 訓練施設見学(日本で普及している指導技法・職業訓練施設見学、指導技法の実際、指導員の役割) 4. プレゼンテーションの実際(セミナーのまとめ、母国における指導技法普及改善計画の説明、母国で行うプレゼンテーションの演習)

研修員の資格要件

1. 現在30歳から40歳の指導員で、引き続き、当該業務に従事する者 2. 自ら担当する訓練の改善を強く望んでいるか、指導技法の普及について中心的に活動する立場の者 3. MS-Officeが操作できること

使用言語

スペイン語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Seminario de Administracion para Mejoramiento Formacion Profecional


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220296





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Oct.01,2002-Nov.15,2002


Number of Participants

9


Target Region



Cooperation Period

2002-2004


Training Institution(s)



JICA Center



Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency