更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

インドネシア/フィリピン周産期診療技術

コース名(英)

COMPREHENSIVE STUDY PROGRAMME IN MATERNAL AND PERINATAL MEDICINE

 



コース番号

J0220057



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

保健医療-その他保健・医療(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

アジア地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/7/15



2002/9/1

 



研修年度

2002

 



定員

4

 







協力期間

開始

1998


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

兵庫県立こども病院

主な実施機関名(英)

Hyogo Prefectural Kobe Children's Hospital

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

フィリピン・インドネシアでは、医師、看護婦、医療技術者の不足、医療システムの不備などによって、妊婦や新生児は十分な周産期の医療を受けておらず、また、妊婦の出産時の病気・事故により多くの妊婦や胎児が死亡したり、重篤な後遺障害を受けているが、このような問題を解決するため、フィリピン・インドネシアの医師や医療技術者を対象に、周産期医療の総合的研修を実施し、各国の小児医療の状況改善に資すること。

コース目標

(1)産科:ハイリスク妊婦の管理法、胎児診断技術、母子保健疫学調査法を習得する。 (2)新生児科:日本の未熟児新生児医療の現状を知り、そのシステムを理解する。ME機器を駆使できる技術を習得する

コース内容

講議、実習、見学、研修旅行等により構成される。(1)産科 ○講議:正常妊娠の管理、異常妊娠の管理、危険妊娠の診断と治療、危険妊娠の外科的治療、ハイリスクの緊急治療、胎児診断、胎盤病理 ○実習・見学:危険妊娠の外科的治療、外来診療(OPC)、超音波検査、産科外科(非緊急外科における治療)、ハイリスク妊娠の緊急治療、胎児診断、新生児治療、産科麻酔(2)新生児科 ○講議:胎児診断と治療、未熟児の治療、特殊疾患の未熟児治療、未熟児と新生児の心機能検査、小児麻酔治療、小児外科治療、輸液バランスと栄養コントロール ○実習・見学:未熟児治療、特殊疾患の未熟児治療、未熟児と新生児の呼吸器治療、未熟児と新生児の心機能検査、小児麻酔治療、小児外科治療

研修員の資格要件

(1)大学医学部あるいは医科大学を卒業し、医師資格を取得した者(2)産科もしくは新生児科で5年以上の経験を有する者(3)年令30才以上45才未満の者(4)妊婦は、実習が多く研修が過重となるため不適

使用言語

英語

特記事項

日本語集中講座あり(40時間程度)

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

COMPREHENSIVE STUDY PROGRAMME IN MATERNAL AND PERINATAL MEDICINE


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220057





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jul.15,2002-Sep.01,2002


Number of Participants

4


Target Region



Cooperation Period

1998-2002


Training Institution(s)

Hyogo Prefectural Kobe Children's Hospital


JICA Center

Hyogo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency