更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

マレイシア知的障害児・者支援プログラム

コース名(英)

Method of taking care of Intellectual disability

 



コース番号

J0220269



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

社会保障-社会保険・社会福祉


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

マレーシア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/6/30



2002/8/17

 



研修年度

2002

 



定員

6

 







協力期間

開始

2002


終了

2006

 



主な実施機関名(和)

福井県立大学

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

マレイシアでは、1984年よりCBRプログラム(Community Based Rehabilitation/地域ベースのリハビリテーション。以下マレイ語訳の略称PDK/ Pemulihan Dalam Komunitiを用いる。)による知的障害児・者の支援を実施しているが、具体的な療育方法や人材育成における確固たるノウハウは未だ確立されておらず、この分野での対策を講じることが急務である。 本コースでは、こうした地域のPDKセンターにおいて、中核として活躍が期待される臨時雇用のワーカーを養成することを目的としている。

コース目標

(1)知的障害児・者への具体的な対応方法を実践的に習得する。 (2)障害の特性、発達段階や生活年齢に応じた療育のあり方を習得する。 (3)障害児・者への療育サービスや生活年齢別の施設運営について理解する。 (4)施設を取り巻く地域のコミュニティ等との連携のあり方について学習する。

コース内容

1.講議  知的障害児・者の療育、肢体不自由児の療育、社会福祉施設の運営管理 2.実習  知的障害児・者の療育、肢体不自由児の療育、知的障害者の療育 3.視察・意見交換  自閉症児更正施設、就学前障害児施設、障害児保育園、学齢期障害児施設、  学齢期以降障害者施設、重度身障者施設、障害者スポーツ活動 等 4.その他  カントリーレポート検討会、中間報告会、ワークショップ、最終評価会     

研修員の資格要件

(1)現在、PDKセンターにワーカーとして勤務している者

使用言語

マレー語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Method of taking care of Intellectual disability


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220269





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jun.30,2002-Aug.17,2002


Number of Participants

6


Target Region



Cooperation Period

2002-2006


Training Institution(s)



JICA Center

Hokuriku Branch Office


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency