更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

ウズベキスタン輸出ポテンシャル開発と産業政策

コース名(英)

Export Potential Development and Industrial Policy

 



コース番号

J0220152



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

民間セクター開発-貿易・投資促進


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ウズベキスタン

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2003/1/13



2003/2/19

 



研修年度

2002

 



定員

5

 







協力期間

開始

2000


終了

2004

 



主な実施機関名(和)

神戸大学大学院国際協力研究科

主な実施機関名(英)

Graduate School of International Studies,Kobe Univ

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

1991年の独立以来、ウ国は国家経済の構造計画を進めており、国内産業の発展や輸出量の拡大を目的として種々の施策がとられている。本コースは、講義、視察を通して市場経済及び我が国の貿易・産業政策、輸出促進に関する知識を得ると共に、輸出振興を国是としたイスラム文化圏のマレイシアにおける企業などを視察することにより、ウ国の輸出拡大と市場経済の移行を促進することを目的とする。

コース目標

(1)経済開発に関する正確な知識を習得する (2)政府の経済、海外貿易部門が立案する政策の理解 (3)金融、海外貿易に関する公的機関に関する理解 (4)海外貿易政策立案に要する知識と能力の習得 (5)マレイシアの企業などの視察による輸出促進に関する理解

コース内容

講義、見学、研修旅行により構成される。(1)日本の貿易振興産業政策、戦後日本の貿易政策と経済発展、商社論(2)輸出促進と為替政策、外貨導入・外債による資本調達、輸出拡大に至る産業政策(3)貿易保険制度、関税制度(4)中小企業振興策(5)民間企業の外国市場進出事例(6)日本貿易振興会

研修員の資格要件

(1)外国貿易行政に従事する指導的地位にあり、2年以上の実務経験を有する者(2)大学卒業または同程度の学力を有する者(3)25才以上40才以下の者

使用言語

ロシア語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Export Potential Development and Industrial Policy


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220152





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jan.13,2003-Feb.19,2003


Number of Participants

5


Target Region



Cooperation Period

2000-2004


Training Institution(s)

Graduate School of International Studies,Kobe Univ


JICA Center

Hyogo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency