更新日2004/12/07
東京国際センター-業務グループ

 

在外コース概要
研修コース概要




 





実施国名

日本

 



コース名(和)

中国証券監督者のための研修

コース名(英)

Seminar for Managers of China Securities Regulatory Commission

 



プロジェクトID

J0420225


G-TIC-CHF, G-TIC-DMD, G-TIC-DPTP, G-TIC-ETCPO, G-TIC-MD, G-TICBTK, G-TICGA, G-TICGP, CN=jicatic/O=jica, CN=jicatic-assist/O=jica, CN=jicatic-clinic/O=jica, CN=jicatic-counselor/O=jica, CN=jicatic-doctor/O=jica, CN=jicatic-jicanet/O=jica, CN=jicatic-jice/O=jica, CN=jicatic-jocv/O=jica, CN=jicatic-kyoiku/O=jica, CN=jicatic-longterm/O=jica, CN=jicatic-netad/O=jica, CN=jicatic-stay/O=jica, CN=jicatic-support/O=jica, CN=jicatic-infra1/O=jica, CN=jicatic-ed1/O=jica, CN=jicatic-gov1/O=jica, CN=jicatic-ed2/O=jica, CN=jicatic-ed3/O=jica, CN=jicatic-ed4/O=jica, CN=tic-gov2/O=jica, CN=tic-gov3/O=jica

 



スキーム名(和)

在外技術研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

経済政策-金融


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

中華人民共和国

 



研修年度

2004

 








定員


8

実施国

0

周辺国

8

 




対象国履歴

R/D割当国,追加・削除履歴

 







協力期間

開始

2000


終了

2004

 



主な実施機関名(和)

株式会社東京証券取引所

主な実施機関名(英)

Tokyo Stock Exchange, Inc.

 



背景


上位目標・目的

中国企業が市場において正しく評価を受け、必要資金を調達することができる。

コース目標

中国証券取引所における中小企業ボードの運営能力が向上し、新規参入企業の評価、参入支援、投資家保護が適切に行われるようになることを目標とする。また、組織の能力開発型を目指す。

コース内容

以下にかかる講義、討議、視察
(1)日本及び中国の証券市場
(2)売買審査・取引参加者・決済制度
(3)金融監督及び証券監督、自主規制
(4)振興証券市場、海外市場
(5)企業・証券会社・証券取引所視察

研修員の資格要件

(1)大学卒業又は同等の学力を有する者 
(2)証券市場分野において2年以上の経験を有する者
(3)中国証券監督管理委員会の職員であること
(4)年齢が25歳~50歳であること

使用言語

中国語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Seminar for Managers of China Securities Regulatory Commission


As of

Dec.07,2004





Division



Scheme

Overseas Training


Sub-Scheme

Country-Focused Group Training


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2004


Implemented in

JAPAN


Number of Participants

(1)Implementing Country(s) : 0
(2)Invited Country(s) : 8
(3)Total : 8


Invited Country(s)

CHINA


Cooperation Period

2000-2004


Training Institution(s)

Tokyo Stock Exchange, Inc.


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency