更新日2003/05/12
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

インドネシア貿易金融管理

コース名(英)

Management of Trade Finance

 



コース番号

J0220192



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

経済政策-金融


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

インドネシア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2003/01/28



2003/02/14

 



研修年度

2002

 



定員

3

 







協力期間

開始

2001


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

(株)東京リサーチインターナショナル

主な実施機関名(英)

TOKYO RESEARCH INTERNATIONAL CO.LTD

 



所管国内機関


関連省庁

財務省

 



上位目標・目的

90年代の後半以来、インドネシアでは、経済成長のためにマクロ経済の安定化政策が推進されてきている。貿易金融管理面の強化は、財政の健全化及び金融システムの改善と共に、このマクロ経済安定化政策の一つの柱である。このため、同国では、輸銀法の制定に向け準備中であり、JICAでは、専門家派遣などを通し、同国を支援してきている。

コース目標

本研修では、以下の目標をもって研修を実施する。すなわち、(1)日本の財政・金融政策を理解する。(2)財政・金融政策における政府及び中央銀行の役割を理解し、更に、民間商業銀行の業務についても習得する。(3)外国為替及び貿易金融について理解する。(4)デリバティブ業務、金融先物取引等に関する理解を深め、リスク管理の重要性について理解する。

コース内容

(1)日本の経済発展における政府と民間の役割、(2)日本の財政・金融制度、(3)政策金融の役割、(4)国際協力銀行の機能、(5)日本の民間商業金融、(6)外国為替制度、(7)貿易金融、(8)外貨運用・外貨調達

研修員の資格要件

貿易金融・外国為替取引に従事する中央銀行職員 30才以上50才未満の者

使用言語

英語

特記事項

本コースは今年で終了予定

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Management of Trade Finance


As of

May.12,2003


Course Number

J0220192





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jan.28,2003-Feb.14,2003


Number of Participants

3


Target Region



Cooperation Period

2001-2002


Training Institution(s)

TOKYO RESEARCH INTERNATIONAL CO.LTD


JICA Center

Tokyo International Centre,Specific Programme Division


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency