更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

中米生活廃棄物処理

コース名(英)

Waste Management Techniques

 



コース番号

J0220316



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

環境管理-(旧)一般廃棄物


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

北米・中南米地域

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/8/13



2002/9/29

 



研修年度

2002

 



定員

9

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)

(財)日本環境衛生センター

主な実施機関名(英)

Japan Environmental Sanitation Center

 



所管国内機関


関連省庁

厚生労働省

 



上位目標・目的

中米各国では、首都への過剰な人口集中により、種々の都市問題が発生しており、とりわけ、生活廃棄物を中心とした環境汚染が大きな問題となっている。そのため、ゴミ処理を中心とした総合的な都市計画の遂行が必要となっているため、これに不可欠な廃棄物処理に携わる技術系行政官の人材育成を目的とする。

コース目標

日本で行われている廃棄物処理技術、廃棄物処理における社会学的側面、廃棄物再利用・資源回収の重要性を理解し、中米の現状に適切な廃棄物処理技術を策定できること

コース内容

(1)法制度と処理処分の現状 (2)地方行政の仕組みとゴミ処理行政 (3)ゴミ処理技術概論 (4)札幌市のゴミ処理収集と分別の意義 (5)市民協力の取り組み (6)道路清掃、収集作業、収集車輌の管理現場の視察 (7)資源化技術と中間処理 (8)焼却処理施設、資源化施設、一般廃棄物の最終処分場、コンポスト化施設視察 (9)札幌市における生活排水対策 (10)生活配水処理技術の概要 (11)浄化槽視察、し尿処理施設視察 (12)最終処分場の構造・維持管理と跡地利用(視察含む) (13)医療廃棄物処理(視察含む) (14)途上国における道路清掃、収集運搬概論 (15)アクションプラン作成

研修員の資格要件

(1)首都圏で廃棄物処理を担当している技術系行政官 (2)廃棄物処理行政計画・管理の業務経験3年以上 (3)25歳以上40歳以下

使用言語

西語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Waste Management Techniques


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220316





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Aug.13,2002-Sep.29,2002


Number of Participants

9


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)

Japan Environmental Sanitation Center


JICA Center

Programme Division


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency