更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

エジプト航路埋没対策

コース名(英)

Solution to the Channel Siltation

 



コース番号

J0220108



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

運輸交通-水上運輸交通(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

エジプト

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/9/1



2002/9/1

 



研修年度

2002

 



定員

2

 







協力期間

開始

2000


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

港湾空港技術研究所

主な実施機関名(英)


 



所管国内機関


関連省庁

国土交通省

 



上位目標・目的

スエズ運河の北側出入り口のポートサイド付近において漂砂による埋没問題が深刻であり、維持浚渫にかかる費用増大が運河全体の経営を圧迫している。これまで十年間に渡り運河の機能強化等で協力を行ってきているが、本埋没問題対策を進める上でさらに総合的な技術能力を要する。本研修はスエズ運河の管理運営・経営改善プログラムに従い、航路管理に必要な技術・知識を取得させることを目的とする。

コース目標

航路や運河の機能維持と向上に必要なデーターの収集・分析技術及び埋没対策の立案・費用対効果の考え方を修得する。

コース内容

研修項目(1)漂砂データ整理(2)漂砂データ解析(3)原因分析(4)埋没対策の立案

研修員の資格要件

(1)98年JICAとスエズ運河庁間で合意署名した5ステッププログラムに基づき、「運河埋没対策」に関わる同庁リサーチセンターの技術担当者。(2)大卒もしくはそれと同等の学力を有する者。(3)集団コース「港湾工学」に近年参加した者は、対象外。

使用言語

英語

特記事項

98年度派遣の短期専門家とスエズ運河庁間で交わされた「5ステッププログラム」に基づいて、短期専門家派遣、研修員受入、同庁独力で行うサーベイ、解析を組み合わせて技術移転の成果の向上を狙いとする。

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Solution to the Channel Siltation


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220108





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Sep.01,2002-Sep.01,2002


Number of Participants

2


Target Region



Cooperation Period

2000-2002


Training Institution(s)



JICA Center

Training Division


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency