更新日2010/08/06
筑波国際センター
国内事業部-次長(研修業務担当)

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

アフリカ・コメ生産研究(長期)

コース名(英)

Rice Production Research in Africa (Master's Degree: International Agricultural Development)

 



コース番号

J1010108

G-TBIC

G-TA

 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

課題別研修(長期)

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-(旧)農業開発


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

ガーナ, ケニア, ウガンダ, タンザニア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2011/02/06



2013/03/31

 



研修年度

2010

 



定員

4

 







協力期間

開始

2009


終了

2011

 



主な実施機関名(和)

東京農業大学

主な実施機関名(英)

TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE

 



所管国内機関

筑波国際センター

関連省庁

農林水産省

 



上位目標・目的

対象国のコメ生産に係る能力が向上する。

コース目標

農業試験場や農業大学の作物研究および普及部門、政府機関の植物輸出入検疫および経済分析担当部門に従事する職員の、コメ生産に関する高度な研究能力が向上する。

コース内容

①アフリカにおけるコメ生産研究に関する本邦での研究計画案を策定する。
②コメ生産と流通に関連する諸理論を説明することが出来る。
③個別の課題を題材に実験もしくは調査・分析技術を説明することが出来る。
④日本における農産物生産の現状を説明することが出来る。
⑤帰国後の研究計画案を策定することが出来る。

研修員の資格要件

・現在の職務:農業試験場、大学、農業政策立案・農業経済方針・農業研究・農業普及に携わる中央・地方政府、いずれかの職員または研究者。
・農業問題、農業教育、農業政策立案に関する分野で3年以上の経験を有する者。
・学歴:理学士または文学士
・TOEFL230点以上の英語力

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Rice Production Research in Africa (Master's Degree: International Agricultural Development)


As of

Aug.06,2010


Course Number

J1010108





Division



Scheme

Training


Sub-Scheme

Long-term International Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2010


Duration of Training

Feb.06,2011-Mar.31,2013


Number of Participants

4


Target Region

Ghana, Kenya, Ugand and Tanzania


Cooperation Period

2009-2011


Training Institution(s)

TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE


JICA Center



Overall Goal

To develop the rice production capabilities of the respective country.


Course Objectives

To develop the research capabilities of the officers or researchers of the related institutions in the field of rice production.


Course Contents

-To be able to make a research plan of Japan about the rice production study in Africa.
-To be able to explain the basic theory on rice production, rice post-harvest and economics.
-To fully understand the natural or social technologies on rice production through the research on exprimental or survay and analytical practices.
-To be able to explain the current situation of agricultural production in Japan.
-To be able to make a research plan in own countries.


Qualification of Applicant

Applying Organizations are expected to select nominees who meet the following essential qualifications.
1)Current Duties:be officers or researchers of agricultural experimental stations, universities, central/local governments in the field of policy planning of agriculture/agricultural economic analysis/agricultural research/agricultural extension.
2)Experience in the relevant field: have more than 3 years' experince in the filed of issue on Agriculture, agricultural education and Policy making in agriculture.
3)Educational Background:must hold BSc. or BA.
4)Language:have a competent command of spoken and written English which is equal to TOEFL CBT 230 or more.


Language of Instruction

English


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency