更新日2004/03/15
兵庫国際センター
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

マイコトキシン検査技術

コース名(英)

MYCOTOXIN INSPECTION IN FOOD

 



コース番号

J0400683

G-HIC-DMD, G-HIC-DPTP, G-HIC-ETCPO, G-HIC-MD, G-HICBTK, G-HICTAD, G-HICTPR, CN=jicahic/O=jica, CN=jicahic-cs1/O=jica, CN=jicahic-jocv/O=jica, CN=jicahic-support/O=jica, CN=jicahic-library/O=jica, CN=jicahic-hd/O=jica

G-DP

 



スキーム名(和)

研修

 



研修形態

課題別研修(集団)

 



分野課題1

(旧)農業開発・農村開発-ポスト ハーベスト・流通・市場(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

全世界

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2005/01/31



2005/05/15

 



研修年度

2004

 



定員

7

 







協力期間

開始

2000


終了

2004

 



主な実施機関名(和)

神戸市環境保健研究所

主な実施機関名(英)

KOBE INSTITUTE OF HEALTH

 



所管国内機関

兵庫国際センター

関連省庁

独立行政法人国際協力機構

 



上位目標・目的

マイコトキシンは最も強力な発癌物質であり厳格な国際基準が設定されているが、当該検査技術不備のために開発途上国から輸出される食品に度々マイコトキシンが検出され、農産物一次産品貿易不振の一因となっている。輸出入食品保健管理に従事する中堅職員を対象に、最新科学技術による食品保健行政実務研修を行い、輸出前検査体制整備と検査技術向上を図り、円滑な食品貿易に寄与することを目的とする。

コース目標

食品衛生全般、マイコトキシン規制の法規、検査体制・規格基準等に関する講義、マイコトキンの分離・分析技術の実習ならびに検査機関などの見学によりマイコトキシン検査技術を習得する。併せて食品添加物の分析方法も習得する。

コース内容

講義、実習等により構成される。 (1)講義:1)食品衛生法と食品監視、2)食品添加物などの規格基準、3)輸入食品の監視の実際、4)マイコトキシン産生菌とその分離法、5)マイコトキシンの種類・毒性および規制の現況、食品添加物の試験法および使用する器具器材 (2)実習:1)検索に必要な器具・器材・培地と調製法、2)分離培養検査法、3)直接検鏡法、4)アフラトキシングループ以外のマイコトキシンの分析法、5)アフラトキシンの分析法、6)食品保存料の分析、7)防カビ剤の分析、8)合成漂白剤の分析、 (3)見学

研修員の資格要件

(1)当該分野の実務経験を3年以上有し、現在食品検査業務に従事する者 (2)大学卒業あるいは同程度の学力を有する者 (3)35歳以下の者

使用言語

英語

特記事項

日本語集中講座あり(40時間程度)

 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

MYCOTOXIN INSPECTION IN FOOD


As of

Mar.15,2004


Course Number

J0400683





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

International Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2004


Duration of Training

Jan.31,2005-May.15,2005


Number of Participants

7


Target Region



Cooperation Period

2000-2004


Training Institution(s)

KOBE INSTITUTE OF HEALTH


JICA Center

Hyogo International Centre


Overall Goal

The purpose of the course is to enable the participants to understand the basic knowledge and techniques for the control and management of mycotoxins. After this course, they are expected to be able to apply them in their respective countries.


Course Objectives



Course Contents

In this course, the emphasis is put on introduction of comprehensive knowledge of the following subjects through lecture, practice and field trip. LECTURES: (1) food sanitation law and food inspection (2) general view of mycotoxins (3) introduction to fungi (4) isolation and identification of fungi (5) Aspergillus flavus contamination of groundnuts and maize (6) Fusarium contamination of wheat and maize (7) sampling for mycotoxins (8) analysis of mycotoxins (9) control of mycotoxins (10) analysis of food preservatives. PRACTICES: (1) method of the isolation and identification of mycotoxins-producing fungi (2) analysis of mycotoxins such as aflatoxins and fusarium mycotoxins (3) analysis of food preservatives. OBSERVATIONS and FIELD TRIPS: government and private food inspection organization, food processing factories


Qualification of Applicant

(1) technical officer or inspector presently engaged in food inspection (2) university graduate or equivalent with practical experience of not less than three years in the field of food inspection (3) not more than 35 years of age


Language of Instruction

English


Remarks

A compulsory intensive Japanese language course will be conducted prior to the technical training for 40 hours.





- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency