更新日2004/03/15
東京国際センター
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

リモートセンシング技術III

コース名(英)

REMOTE SENSING TECHNOLOGY III

 



コース番号

J0400776

G-TIC-CHF, G-TIC-DMD, G-TIC-DPTP, G-TIC-ETCPO, G-TIC-MD, G-TICBTK, G-TICGA, G-TICGP, CN=jicatic/O=jica, CN=jicatic-assist/O=jica, CN=jicatic-clinic/O=jica, CN=jicatic-counselor/O=jica, CN=jicatic-doctor/O=jica, CN=jicatic-jicanet/O=jica, CN=jicatic-jice/O=jica, CN=jicatic-jocv/O=jica, CN=jicatic-kyoiku/O=jica, CN=jicatic-longterm/O=jica, CN=jicatic-netad/O=jica, CN=jicatic-stay/O=jica, CN=jicatic-support/O=jica, CN=jicatic-infra1/O=jica, CN=jicatic-ed1/O=jica

G-DP

 



スキーム名(和)

研修

 



研修形態

課題別研修(集団)

 



分野課題1

情報通信技術(ICTの利活用を含む)-情報通信技術


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

全世界

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2004/05/04



2004/07/11

 



研修年度

2004

 



定員

10

 







協力期間

開始

2003


終了

2007

 



主な実施機関名(和)

(財)リモート・センシング技術センター

主な実施機関名(英)

REMOTE SENSING TECHNOLOGY CENTER OF JAPAN

 



所管国内機関

東京国際センター

関連省庁

文部科学省

 



上位目標・目的

地球観測衛星および航空機から得られるリモートセンシングデータの活用を検討している開発途上国の研究者を対象に、データのディジタル処理や解析等の基本的技術を習得させるとともに、この分野における最近の研究成果及び技術の動向を紹介し、開発途上諸国におけるリモートセンシング技術の応用・普及に寄与する。

コース目標

1)リモートセンシング技術の基本的原理が説明できる。2)土、草、樹木、水等の代表的物質の分光反射特性に基づき、実習から得たデータを実際に解析・評価することができる。3)画像処理装置を使用して、リモートセンシングデータの解析及び解析結果を評価することができる。4)リモートセンシングデータの応用技術(農業への利用、環境問題解決、災害復への利用など)に基づいて、参加者が自国で抱える業務上の問題点を指摘でき、かつ改善案を提出できる。

コース内容

講義・実習・見学により構成される。1)講義:日本におけるR/S活動、高分解能衛星画像R/S入門、R/S概論、宇宙からの画像情報の利用事例、ハイパースペクトルセンサ、SAR R/S、陸域環境モニタリング、熱帯降雨観測衛星(TRMM)について、大気・海洋のR/S、衛星データのフォーマット、R/Sデータ解析、熱赤外R/Sの理論と応用、資源R/Sの基礎、地形図作成へのR/S、河川流域・水資源管理へのR/Sの応用・地質調査へのR/S、農業情報とR/S 2)実習:ディジタル画像解析(ディジタル画像解析)判読、幾何補正、土地被履分類、海面温度抽出、グランドトゥルース等。3)見学:国立研究機関、大学、及び関係機関、解析機器の利用機関にてR/S応用分野の広さを知る。

研修員の資格要件

(1)リモートセンシング技術の応用分野である国家計画・農業・森林管理・漁業・災害・環境及び作図に携わる者 (2)大学を卒業し、または同等の資格を有し、物理と数学の基礎を有する者(3)40歳未満の者(4)パソコンの運用能力(特にMicrosoft Word、Excel、その他)を持つ者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

REMOTE SENSING TECHNOLOGY III


As of

Mar.15,2004


Course Number

J0400776





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

International Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2004


Duration of Training

May.04,2004-Jul.11,2004


Number of Participants

10


Target Region



Cooperation Period

2003-2007


Training Institution(s)

REMOTE SENSING TECHNOLOGY CENTER OF JAPAN


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal

The purpose of the course is to transfer fundamental knowledge and technology on satellite remote sensing, mainly focused on digital analysis, to the researchers and engineers from developing countries, through lectures, practices, field trips, and so on


Course Objectives



Course Contents

In this course, the emphasis is put on workshop using computers. The following are the major subjects to be covered in the course. (1) basic theory (2) sensor satellite (3) image processing (4) application (5) ground truth (6) workshop: digital image analysis, geometric correction and GIS, personal computer processing, personal computer system and programming


Qualification of Applicant

(1) university graduates, or equivalent with fundamental knowledge of physics and mathematics (2) researcher or engineer in the field of remote sensing application, such as land planning, agriculture, forest management, fishery, disaster, environment and mapping, etc (3) under 40 years of age (4) have a good command of basic software


Language of Instruction

English


Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency