更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

島嶼国沿岸資源管理

コース名(英)

Integrated Lushore Resource Management in Tropical Islamd Countries

 



コース番号

J0220319



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

(旧)水産-水産(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

全世界

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/9/26



2002/11/6

 



研修年度

2002

 



定員

12

 







協力期間

開始



終了


 



主な実施機関名(和)


主な実施機関名(英)


 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

サンゴ礁に囲まれた多くの島嶼国では、近年の人口の急増と開発により沿岸域の水 産資源が激減している。 本コースでは、沿岸域での水産業および豊かな自然を活かして、島嶼国経済に裨益する漁業・養殖業・観光業等を、資源と環境に悪影 響を与えることなく総合的かつ持続的に発展させるために、適切な管理体制の構築とその実施を担える人材を育成することを目的とする。

コース目標

(1)沿岸(サンゴ礁)における資源管理型漁業,水産増養殖,環境保全,観光開発を、総合的に企画するために必要な知識・技術を習得する。 (2)上記事業推進のための組織づくり、関係法規の策定,関係者の利害調整に取り組めるような知識・技術を習得する。

コース内容

自国でのサンゴ礁域、ラグーン域およびマングローブ域の水産資源の持続的利用について、問題点・ポテンシャル・制約要因・利点などをPCM手法を用いて分析し、沖縄・小笠原での事例研究(ケーススタディ)等を通じ、島嶼国沿岸資源の持続的利用に資するプロジェクト案をアクションプランとして取りまとめる。

研修員の資格要件

(1)大学卒業または同等の学力を有する者(2)50歳以下で水産・観光・環境関連の分野に従事している者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

Integrated Lushore Resource Management in Tropical Islamd Countries


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220319





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Sep.26,2002-Nov.06,2002


Number of Participants

12


Target Region



Cooperation Period

-


Training Institution(s)



JICA Center

Training Division


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency