更新日2002/06/21
国内・研修業務課

 

国内コース概要
研修コース概要






 



コース名(和)

サウディ・アラビア女子看護教育

コース名(英)

FEMALE NURSING EDUCATION FOR KINGDOM OF SAUDI ARABIA

 



コース番号

J0220031



 



スキーム名(和)

本邦研修

 



研修形態

国別研修

 



分野課題1

保健医療-その他保健・医療(旧)


分野課題2



分野課題3



分野分類


 




対象国名

サウジアラビア

 



限定条件
(ある場合)


 






受入期間

2002/6/25



2002/7/13

 



研修年度

2002

 



定員

5

 







協力期間

開始

2000


終了

2002

 



主な実施機関名(和)

(財)国際看護交流協会

主な実施機関名(英)

INT'L NURSING FOUNDATION OF JAPAN

 



所管国内機関


関連省庁

国際協力事業団

 



上位目標・目的

サウディ・アラビア国において看護教員養成及び継続教育を指導監督する地位にある看護職(または将来そのような地位につく可能性がある者)を対象として、日本の看護行政、看護システム、看護教育・育成システム、教育内容・手法を理解させ、自国の看護教育及び制度や継続教育の制度・種類等の改善に資することを目的とする。

コース目標

(1)日本の看護教育の全体像を理解する。(2)教員養成制度とカリキュラムについて理解する。(3)日本の看護継続教育の実際を理解する。(4)看護管理者、指導者の研修制度と内容について理解する。(5)教育と臨床の協力体制について理解する。(6)第2回(2001年)の研修で作成されたサウディ・アラビアにおける女子看護教育のアクション・プランの具体的な状況について検討し、又第三回の研修で得た知識や技術、経験を基に参加者の職場に相応しいアクションプランを作成する。

コース内容

(1)概論:1)日本の看護行政と看護教育行政、2)日本の看護の歴史、3)日本看護協会の概要 (2)看護基礎教育:1)看護基礎教育と継続教育の位置づけ、2)各教育機関におけるカリキュラム、3)各教育機関における授業の運営、4)各教育機関における教育方法、5)各教育機関における学内演習、6)各教育機関における学外実習 (3)看護継続教育:1)大学院における卒後教育、2)病院内における看護婦の現任教育、3)日本看護協会における継続教育 (4)看護教師の育成:1)看護教師教育の内容、2)教務主任教育の内容 (5)アクションプランの作成

研修員の資格要件

(1)看護教員養成/継続教育を指導監督する看護職、または将来この職に就く可能性のある者(2)女性(3)女子看護教育における5年以上の経験(4)サウディ・アラビア国籍を有する者(5)十分な英語力を有する者(TOEFL550相当以上)(6)医師でない者

使用言語

英語

特記事項


 



添付文書へのリンク


詳細を隠す:研修コース概要(英文)研修コース概要(英文)




Course Title

FEMALE NURSING EDUCATION FOR KINGDOM OF SAUDI ARABIA


As of

Jun.21,2002


Course Number

J0220031





Division

Domestic Partnership and Training Department


Scheme

Training


Sub-Scheme

Projects for Country Focused Training and Dialogue


The Outline of Scheduled Courses in JFY

2002


Duration of Training

Jun.25,2002-Jul.13,2002


Number of Participants

5


Target Region



Cooperation Period

2000-2002


Training Institution(s)

INT'L NURSING FOUNDATION OF JAPAN


JICA Center

Tokyo International Centre


Overall Goal



Course Objectives



Course Contents



Qualification of Applicant



Language of Instruction



Remarks






- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency