更新日2001/02/21
人間開発部

 
プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0061374E0
 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020








対象国(その他)







 





案件名(和)


インドネシア労働安全衛生教育拡充計画

 





スキーム








名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects




協力期間199511200011月 
 










分野課題1


社会保障-労働・雇用関係


分野課題2




分野課題3




分野分類



 













援助重点分野




開発課題




実施状況


終了






備考


旧スキーム: プロジェクト方式技術協力(旧)

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)インドネシア労働安全衛生教育拡充計画




(英)The Project to Enhance Education and Training of Industrial Safety and Health

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1995/10/04
 


プロジェクトサイト


人間工学労働安全衛生センター(労働省労働力計画開発機関所属)      ジャカルタ首都特別地域内(市街中心地から東へ約10km)
 
協力期間199511200011
  


相手国機関名


(和)

労働省 労使関係・労働基準総局、労働安全衛生局


相手国機関名


(英)

Ministry of Manpower, Directorate General of Industrial Relations and Labor Standards, and Occupational Safety and Health Bureau







日本側協力機関名


労働省、中央労働災害防止協会
 


プロジェクト概要




背景


インドネシアでは急速な工業化に伴い、労働災害発生件数はここ6年間で211%の増加となっており、その対応が急務となっている。1994年から始まる第6次国家開発5ケ年計画は、より産業発展を指向しており、現在にもまして急速な工業化、企業活動の活発化が予想される。従って、安全衛生問題は、より複雑かつ広範囲となり、適切な対策がとられない限り、労働災害の大幅な増加が懸念される。インドネシア政府はこのような状況に対処するために、労使に対する安全衛生教育の強化、拡充に関する技術協力を要請してきた。


上位目標


インストラクター、安全衛生専門家、雇用者、及び労働者に対する新設及び改善された労働安全衛生教育訓練モデルコースが実施される。


プロジェクト目標


上位目標:インストラクター、安全衛生専門家、雇用者、及び労働者に対する新設及び改善された労働安全衛生教育訓練モデルコースが実施される。


成果


成果:1. 労働安全衛生訓練センターが設立される。    
   2. 労働安全衛生教育訓練を実施するカウンターパートが養成される。


活動


1)予算・要員の確保
2)機材の調達・据付・保守管理
3)教育コースの調査、実施
4)カリキュラム・教材の開発
5)教育コースの評価


投入




日本側投入


長期専門家(チーフ・アドバイザー、業務調整、労働安全、労働衛生)
短期専門家(新規コース開発のため毎年3~5名)
研修員受け入れ(毎年4~5名程度を予定)
機材供与(移動式クレーン、天井走行クレーン、局所排気装置モデル、ボイラーモデル等)


相手国側投入


要員:責任者3名、管理部門3名、一般教育5名、特別教育5名(1999年4月現在)
施設等整備:事務所、教室


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内委員会

 




関連する援助活動



(1)我が国の援助活動


特になし


(2)他ドナー等の援助活動


オーストラリアがILOを通じて労働衛生セクターへの協力を打診している。

 

Project Outline / Aperçu de Projet

詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Feb.21,2001







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


The Project to Enhance Education and Training of Industrial Safety and Health






Country


INDONESIA






ProjectType


Technical Cooperation Projects






Field


Social Security-Labour and Employment






Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Center for Industrial Hygiene, Occupational Safety and Health (belonging to the Planning and Development Board) In Special Capital Region of Jakarta (approx. 10 km east of the urban center)








Oct.04,1995








Term of Cooperation1995/11 ~2000/11


Implementing Organization


Ministry of Manpower, Directorate General of Industrial Relations and Labor
Standards, and Occupational Safety and Health Bureau


Background


In Indonesia, as a result of rapid industrialization, the number of labor accidents has increased 211% in the past 6 years, making solution of this problem a matter of urgency. As the Sixth Five-year National Development Plan that started from 1994 was oriented further toward industrial development, more rapid industrialization and intensification of business activities were expected. Consequently, the safety and health problems would become more complex and extensive, and unless proper measures were taken, it was feared that labor accidents would increase greatly. To deal with this situation, the Indonesian Government requested Japan to provide technical cooperation aimed at promoting safety and health education for both management and labor.


Overall Goal




Project Purpose


Overall Goal: To enhance the level of industrial safety and health education and training for workers and workers and employers in the Republic of Indonesia through improvements in awareness and skills.


Output




Project Activities


1) Secure budget and personnel 2) Procure, install, maintain, and manage equipment 3) Examine and provide educational courses 4) Develop curricula and teaching materials 5) Evaluate educational courses


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Basic Study

Nov.29,1993

 ~

Dec.08,1993



Preliminary Study

Jan.25,1995

 ~

Feb.07,1995



Supplementary Study

Jul.10,1995

 ~

Aug.04,1995



Implementation Study

Sep.25,1995

 ~

Oct.06,1995




Nov.03,1996

 ~

Nov.11,1996




Oct.27,1997

 ~

Nov.05,1997




May.29,2000

 ~

Jun.09,2000
































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Nothing in particular






Remarks







 



詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 









各文書へのリンク

事後評価結果要約表(平成15年度) (外部公開)2011/05/30
R/D(外部公開)2005/08/16
PDM(外部公開)2005/08/16
報告書(実施協議調査団報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(打合せ調査団報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(事前調査団報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(長期調査員報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(巡回指導調査団報告書)(外部公開)2012/01/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency
事後評価結果要約表
FM0203XX06
案件概要表

2
11/01/95
11/30/2000