更新日2003/09/24
社会開発協力部-社会開発協力第一課

 
プロジェクト基本情報







10170


























主管区分


本部


本部/国内機関


社会開発協力部-社会開発協力第一課


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0181332E0
 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060








対象国(その他)







 





案件名(和)


タイ労働安全衛生センター拡充計画

 





スキーム








名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Project




協力期間199706200205月 
 










分野課題1


社会保障-労働・雇用関係


分野課題2




分野課題3




分野分類



 













援助重点分野




開発課題




実施状況


終了






備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)タイ労働安全衛生センター拡充計画




(英)The Project on Strengthening of the National Institute for the Improvement of Working Conditions and Environment

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1997/03/20
 


プロジェクトサイト


労働安全衛生センター(労働社会福祉省労働者保護福祉局所属)バンコク市(市街地中心から西へ約10㎞)
 
協力期間199706200205
  


相手国機関名


(和)

労働社会福祉省労働者保護福祉局


相手国機関名


(英)

Department of Worker Protection and Welfare, Ministry of Labor and Social Welfare







日本側協力機関名


厚生労働省、中央労働災害防止協会
 


プロジェクト概要




背景


タイ政府は従来から量的な経済拡大とその構造調整を主眼とした経済政策を進めてきたが、第7次国家経済社会開発5ヶ年計画(1991-1996)では、国民の生活の質の向上を目標の一つとして掲げ、労働災害の防止を図るために労働安全衛生法の整備、労働安全衛生教育、健康診断の推進等に取り組んできた。
第8次国家経済社会開発3ヶ年計画(1997-2000)及び第1次労働社会福祉計画(1995-2001)においては、人間中心の開発を第一目標としており、急激な工業化の進展に伴う労働災害の急増に対して国家的レベルで労働安全衛生基準を確保するための指導、調査研究、研修等を行うために同国の労働安全衛生センターの充実を目的として協力要請があったものである。


上位目標


労働者が工業災害及び職業性疾病から保護される。


プロジェクト目標


労働安全衛生センターの機能が強化される。


成果


成果:①センターの技術面が向上し、調査・分析能力が向上する。    
   ②安全衛生監督官(新任監督官・中堅監督官)を対象とした研修コースが改善される。
   ③企業の労働安全衛生担当官等を対象とした研修コースが改善される。    
④センターの安全衛生広報の質が向上する。


活動


①労働安全関係の安全対策に係る各種基準、マニュアルの策定
②労働衛生関係に係る各種基準、マニュアルの策定
③安全衛生監督官(新任監督官コース・中堅監督官コース)の見直し
④企業内の安全衛生担当者(安全衛生管理者・建設現場管理者・産業医・産業看護婦)研修コースの見直し
⑤労働安全衛生に関する意識の普及・広報活動


投入




日本側投入


長期専門家(チーフアドバイザー、業務調整、労働安全、労働衛生4名)
短期専門家(訓練計画に合わせ毎年3~5名)
研修員受入(毎年3名を予定)
機材供与(X線回析分析装置、局所排気装置モデル、作業環境測定分析機器等)


相手国側投入


要員:所長1名、管理部門7名、調査開発部門24名、安全効率開発部門8名で計40名
施設等整備:建物及び備品


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内委員会

 




関連する援助活動



(1)我が国の援助活動


特になし


(2)他ドナー等の援助活動


本プロジェクトの実施機関である労働安全衛生センターは、国連開発計画とILOによって設立、整備されてきたことから、本件プロジェクトは、これを継続・発展させるものである。

 

Project Outline / Aperçu de Projet

詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Social Development Cooperation Department First Technical Cooperation Division1402Social Development Cooperation Department First Technical Cooperation Division







Project Headquarters in charge

As of


Sep.24,2003







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


The Project on Strengthening of the National Institute for the Improvement of Working Conditions and Environment






Country


THAILAND






ProjectType


Technical Cooperation Project






Field


Social Security-Labour and Employment






Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


National Institute for the Improvement of Working Conditions and Environment (belonging to the Department of Worker Protection and Welfare of the Ministry of Labor and Social Welfare), Bangkok (approx. 10 km west of the urban center)








Mar.20,1997








Term of Cooperation1997/06 ~2002/05


Implementing Organization


Department of Worker Protection and Welfare, Ministry of Labor and Social
Welfare


Background


The Thai Government, which had been promoting economic policies focusing on quantitative economic expansion and structural adjustment, adopted qualitative improvement of national life as one of its aims in the Seventh Five-year Social and Economic Development Plan (1991 to 1996), established the Industrial Safety and Health Law, conducted industrial safety and health education, promoted medical checkups, and so on to prevent labor accidents. It identified human-centered development as its primary objective in the Eighth Three-year Social and Economic Development Plan (1997 to 2000) and the First Labor and Social Welfare Plan (1995 to 2001). It sought cooperation from Japan to strengthen the National Institute for the Improvement of Working Conditions and Environment which would give guidance, conduct research and studies, provide training, and so on to secure industrial safety and health on a national level in dealing with the sharp increase in labor accidents due to rapid industrialization.


Overall Goal




Project Purpose


Overall Goal: Workers are protected from industrial accidents and occupational diseases. Goal: Functions of NICE is strengthened.


Output




Project Activities


1) Work out standards and manuals concerning industrial safety measures. 2) Work out standards and manuals concerning industrial health. 3) Review the training courses for safety and health supervisors (new supervisors course and middle-ranking supervisor course). 4) Review the training courses for safety and health officers in companies (safety and health manager, construction site managers, and industrial doctors and nurses). 5) Heighten public awareness and carry out publicity work concerning industrial safety and health.


Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Study

Jan.07,1996

 ~

Jan.19,1996



Supplementary Study

Dec.02,1996

 ~

Dec.20,1996



Implementation Study

Mar.12,1997

 ~

Mar.22,1997



Management Consultation

Aug.30,1998

 ~

Sep.03,1998



Advisory Study

Jan.17,2000

 ~

Jan.26,2000




Jan.09,2002

 ~

Jan.19,2002






































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Nothing in particular






Remarks







 



詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 









各文書へのリンク

終了時評価結果要約表(平成13年度) (外部公開)2010/03/05
事後評価結果要約表(平成17年度) (外部公開)2011/05/30
PDM(外部公開)2005/08/16
R/D(外部公開)2005/08/16
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(事後評価報告書)(外部公開)2012/01/04
報告書(巡回指導調査団報告書)(外部公開)2012/01/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency
その他関連文書
FM0203XX05
R/D
案件概要表

2
06/01/97
05/31/2002