更新日2005/03/28
タイ事務所

 
プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00370_タイ事務所


本部/国内機関






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0185053E0
 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060








対象国(その他)







 





案件名(和)


タイ雇用サービス業務における総合ネットワークシステムの構築

 





スキーム








名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects




協力期間20040331日200506月 09日
 










分野課題1


社会保障-労働・雇用関係


分野課題2




分野課題3




分野分類



 













援助重点分野




開発課題




実施状況


終了






備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)タイ雇用サービス業務における総合ネットワークシステムの構築




(英)Enhancement of Comprehensive Network System on Employment Service in Thailand

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/03/31
 


プロジェクトサイト


バンコク
 
協力期間20040331日20050609日
  


相手国機関名


(和)

タイ労働省雇用局


相手国機関名


(英)

Department of Employment, Ministry of Labor







日本側協力機関名


厚生労働省
 


プロジェクト概要




背景


 タイ国における雇用者に対する社会保障制度の最後の課題となっていた失業保険制度の導入について、2004年1月からは保険料の徴収、2004年7月からは失業手当の給付が開始されることとなった。 失業保険の業務に関しては、失業保険料の徴収から失業の認定、失業者への求職の紹介、その期間中の失業手当の給付、職業訓練制度の活用等多岐にわたり、職業紹介を担当する雇用局、保険制度本体の運用を担当する社会保障事務局、職業訓練を担当する技能開発局等との労働省内における部局にまたがる業務の連携が必要になる。
雇用局においては、失業保険制度の円滑な実施のため、社会保障事務局と連携し、失業保険受給者の登録、就職相談、職業斡旋などの一連の業務を担う。この業務の中で、失業保険受給者に係る職業紹介について、新業務の実施及び既存業務の内容変更が発生すると共に、全国にある雇用事務所の利用者数の増加に伴い、業務の質・量的変化への対応が求められている。
タイにおける職業紹介業務については、1996年9月からITシステムが導入され、業務の効率化に貢献しているが、失業保険業務に対応するためのシステムは十分な整備がなされていない。このため、雇用局は効果的かつ効率的な業務実施を目的として、社会保障事務局との情報共有を含めたシステムの改修を目指している。
 こうした事態に対応するため、タイ政府より日本政府に対して技術協力の要請があり、2003年8月にJICA調査団が派遣され、情報収集を行うと共に、失業保険業務に関するITシステムのあり方に関する提言を行った。
 2003年6月には、当該プロジェクトの詳細協議のため、個別専門家が「総合雇用サービス情報システム」の個別専門家として派遣され、情報収集及び問題点の整理を行った。
 個別専門家による活動の結果、今般、タイ労働省雇用局から以下に記す概要のプロジェクトを実施する意向が表明された。


上位目標


タイ雇用局の職業紹介業務及び関連する行政手続等が、失業保険受給者と一般求職者に対して適切で効果的なものとなる。


プロジェクト目標


タイ雇用局の職業紹介システムが強化されて、タイ雇用局職員が失業保険制度に十分に対応でき、継続的に業務が実施できるようになる。


成果


失業保険制度に対応した職業紹介用のITシステムが構築できる。


活動


1.職業紹介システムの改善。
2.雇用局が保持するシステムと社会保障事務局システムとの効果的な接続。
3.雇用局内でITシステムに従事する人材の育成。


投入




日本側投入


1.長期専門家:1名×1年3ヶ月間
2.短期専門家:1分野×1名×0.5人月×1回=0.5人月
3.機材:3,000千円


相手国側投入


1.カウンターパートの配置
2.雇用局と社会保障事務局を結ぶ情報機器の購入経費
3.職業紹介システム及びプロクシシステムの開発経費
4.全国85箇所の雇用事業所に追加導入する端末(数百台規模)経費


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


労働省雇用局コンピュータ課に長期専門家を配属。


(2)国内支援体制


厚生労働省による長期専門家の派遣。

 




関連する援助活動



(1)我が国の援助活動


総合雇用政策支援プログラムの一部に整理することができる。


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu de Projet

詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
JICA Thailand Office00370JICA Thailand Office







Project Overseas Office in charge

As of


Mar.28,2005







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


Enhancement of Comprehensive Network System on Employment Service in Thailand






Country


THAILAND






ProjectType


Technical Cooperation Projects






Field


Social Security-Labour and Employment






Sector








Program Title




Program Number


0180006


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site










Mar.31,2004








Term of Cooperation2004/03 ~2005/06


Implementing Organization


Department of Employment, Ministry of Labor


Background


 Realization and maintenance of “Full Employment” through development and full-utilization of human resources is one of the biggest tasks of Thailand as stated in the National Economic and Social Development Plan. Under this situation, it is indispensable for the Government to promote the comprehensive and positive employment policy in order to provide suitable job opportunities with working-age people as well as industries with appropriate working force. Employment Offices, as the frontline employment service organization, are improving to make their service more effective through introduction of the on-line computer network system for services of job seekers, employers and job placement activities.
 However, this system does not function successfully as expected In near future, unemployment insurance scheme is to be introduced. Under this circumstance, the workload of Employment Offices will be expected to increase twice more than present one, due to appearance of unemployment insurance recipients at Employment Offices.
In order to deal with this situation, it is indispensable rapidly to improve efficiency of service delivery of Employment Offices with in Department of Employment. Therefore, it is an urgent task fundamentally and comprehensively to strengthen the function of the present network system. This means to build up “Comprehensive on-line network system for dealing with overall employment service” which includes various functions as follows;
a) Acceptance and recording of job application and job offering
b) Transmission of data
c) Referral and retrieval for job matching service
d) Editing data from database
e) Processing forms and display for employment services
f) Processing of statistics
g) Analysis and distribution of labor market information


Overall Goal


Local Employment Service (hereinafter referred to as “ES”) and other related administrative procedures for Unemployment Insurance (hereinafter referred to as “UI”) recipients and regular jobseekers will be effective and efficient.


Project Purpose


Information Technology (hereinafter referred as to “IT”) system for ES will be enhanced and sustained for use on the UI scheme.


Output


Software of the system will be able to respond to the demands of the UI scheme and regular ES.
Hardware will be sufficient for the ES and UI scheme.
Network of IT system for ES will be sustained.
Capability of DOE staff will be improved in the field of management of IT system for ES.


Project Activities


・Revision of ES system in the Department of Employment
・Modification of revised ES system
・Developing and installing the Proxy system


Input Summary byJapanese Side


A Long term Expert
・A short term Expert
Equipment which is provided by JICA before starting the Project is used throughout the implementing period of the Project






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side


Comprehensive Employment Policy Program


(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 



詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 









各文書へのリンク

R/D(外部公開)2005/07/11

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency
その他関連文書
FM0203XX05
R/D
案件概要表

2
03/31/2004
06/09/2005