更新日2005/10/12
アジア第一部-第一グループ

プロジェクト基本情報







10100


























主管区分


本部


本部/国内機関


00092_アジア第一部-第一グループ


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


平成16年度インドネシア国在外事務所対応F/U協力支援

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Project

 



協力期間200412中旬200505中旬
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


1.所要経費明細書
2.フォローアップ協力要請書

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)平成16年度インドネシア国在外事務所対応F/U協力支援




(英)

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間200412中旬200505月 中旬
   


相手国機関名


(和)



相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


【 F/U協力の概要 】
 本邦でJICAの研修を受け帰国した研修員(帰国研修員)はインドネシアにおいては既に2万3千人を超えており、JICAにとっても貴重な財産であると同時に、そのネットワークを強化することは帰国後の研修員の研鑽をうながす意味でも有益である。その一方で帰国後、日本で学んだ知識を深め、また広めるにあたり、所属先の財政状況等の理由により、十分に業務を遂行できない帰国研修員も多く存在する。
 そのような帰国研修員に対し、JICA研修から学んだ技術等の業務への反映を支援することを目的に、資機材・ソフト面等において適切なフォローアップ協力を実施することは重要である。

 本年度は18件(推定経費10,800万円)のフォローアップ協力案件の要請が提出されており、当該フォローアップ協力事業の実施促進を図るため、支援要員の派遣を要請した。


上位目標


在外事務所対応型フォローアップ協力案件の円滑な実施


プロジェクト目標




成果




活動




投入




日本側投入


支援要員2名の派遣(平成16年12月~平成17年5月)


相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Group I00092Group I







Project Headquarters in charge

As of


Oct.12,2005







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title








Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Project






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation2004/12 ~2005/05


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


12/11/2004
05/20/2005