更新日2017/04/14
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



0601696

プロジェクトID(旧)


0271094E0
 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


食品工業研究所強化計画プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20020906日20070905日
 









分野課題1


(旧)農業開発・農村開発-(旧)その他農業開発・農村開発


分野課題2




分野課題3




分野分類


農林水産-農業-農産加工

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0279999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考


案件概要表の内容修正済み(2007年3月9日)

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)食品工業研究所強化計画プロジェクト




(英)Strengthening of food Industries Research Institute

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2002/05/13
 


プロジェクトサイト


ハノイ市
 
協力期間20020906日200709月 05日
   


相手国機関名


(和)

工業省 食品工業研究所


相手国機関名


(英)

Food Industry Research Institute (FIRI)









日本側協力機関名


国内支援委員会
 


プロジェクト概要




背景


ベトナムは、農村部の貧困軽減を最重要課題として、農業を重視し、農業生産の安定的増大、農産物の多様化による経営基盤の安定を推進しているが、併せて食品加工の振興にも 努めている。1997年の食品加工企業による付加価値創出額は20億USドルと言われており、これはGDPの8.8%を占める。また1991年にはGDPに占める食品加工業収入は 6.7%だったのが、1997年までに年率14%ずつ成長してきた。
食品加工業は農産物の新たな市場を作り上げ、農家の所得向上にも寄与する。また国民の健康増進、栄養摂取にも役立つことが期待される。適切な食品加工技術が食品の広域流通 性、保存性を高め、その付加価値を向上することにより、農産物の原料生産からの脱却とともに、食品産業の発展が目指されている。しかし、ベトナム国では食品加工の基本とな る品質管理や保存技術が未熟であり、近隣諸国から大量の加工食品が輸入されており、ベトナム国内の中小食品加工企業の振興を図る為にもこれらの技術向上が不可欠となってい る。   ベトナム国政府は、1998年8月に中小企業を主とする同国の食品産業の近代化と農村の所得向上を図るため、研究開発に係る人材育成の強化が必要であるとして、ハノイにあ る食品工業研究所(Food Industries Research Institute: FIRI)への技術協力を我が国に要請した。 これを受けてJICAは1999年12月に基礎調査、2000年10月に短期調査、及び2001年11月に第二次短期調査を実施し、さらに2002年4月に実施協議調査団 を派遣して、以下の活動内容でベトナム側関係者と合意し、討議議事録(R/D)及び暫定実施計画(TSI)の署名・交換を行った。


上位目標


ベトナム国の中小食品加工企業の食品加工技術が向上する。


プロジェクト目標


FIRIの食品加工技術開発能力及び認証に必要な情報を提供する機関としての機能が強化される。


成果


1. ベトナム国内で流通している主要加工食品の品質特性が明らかになる。
2. FIRI研究者の微生物及び酵素の応用能力が向上する。
3. FIRI研究者の国内向けの認証に必要な食品の成分及び品質に関する試験・分析能力が向上する。
4. FIRI研究者の中小食品加工企業への品質管理及び食品加工に係る技術指導能力が向上する。


活動


1. ベトナム国内で流通している主要農産加工食品の品質特性を分析する。
1-1 実態調査をする。
1-2 品質向上・改良に寄与する要因を分析する。
1-3 (食品加工)工場にて補足調査を行う。

2. 微生物および酵素に係る基礎・応用技術を移転する。
2-1 微生物学に関する技術を移転する。
2-2 酵素学に関する技術を移転する。
2-3 新食品素材を開発するための技術を移転する。

3. 成分・品質分析に係る基礎・実用技術を移転する。
3-1 食品の成分に係る分析技術を移転する。
3-2 食品の品質に係る分析技術を移転する。
3-3 食品成分・品質に係る分析技術を農産加工食品へ応用する。

4. 中小食品加工企業への品質管理及び食品加工にかかる技術指導を実施する。
4-1 技術指導マニュアルを作成する。
4-2 セミナー/ワークショップを開催する。
4-3 現地指導(コンサルティング)を実施する。


投入




日本側投入


1) 長期専門家(チーフアドバイザー、業務調整、微生物利用、分析技術の計4名(若しくはチーフアドバイザーが技術分野を兼任し、3名)
2) 短期専門家(微生物の分離同定技術、有機酸の発酵生産、食品中有害微生物検査技術、糖類製造技術、食品分析など)
3) 研修員受入(プロジェクト運営管理、食品加工・保全技術(集団コース)、食品行政、アルコール発酵、分析評価など)
4) 機材供与(車輛、パソコン、分析機器等)


相手国側投入


1) 要員:FIRI所長、次長2名、各研究室長等10名
2) 施設等整備:1997年に5階建ての研究棟を新設した。
3) その他:研究用機材については、工業省と環境科学省から毎年約10万ドルの予算配分を受けて、購入している。 ベトナム側予算にて研究所内に共同ラボラトリー(分析関連及び微生物関連)を設置した。


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制


国内支援委員会(事務局委託先:AICAF)(委員:全国調味料・野菜飲料検査協会、日本食品分析センター、食品産業センター、昭和女子大学大学院、食品総合研究所、農林水産 消費技術センター)

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


なし


(2)他ドナー等の援助活動


1988-1991 UNIDO 1.3億円(応用微生物分野:パイロットプラント整備、技術研修、機材供与、マニュアル作成等) 1999.4~9月 JICA個別 専門家派遣(食品加工技術)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00166







Project Headquarters in charge

As of


Apr.14,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601696


Title


Strengthening of food Industries Research Institute






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


(Prev.)Agricultural/Rural Development-(Prev.)Other A&R Development Issues


Field 2




Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agricultural Processing






Program Title


-


Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Hanoi





May.13,2002
Term of Cooperation2002/09 ~2007/09


Implementing Organization


Food Industry Research Institute (FIRI)


Background


Giving top priority to poverty reduction in the rural areas and placing emphasis on agriculture, VietNam has pushed forward stable increase in agricultural production and stabilization of operating foundations of farm households by diversification of agricultural products.In 1997 food processing industry reportedly created added value equivalent to US$ 2 billion, which corresponded to 8.8% of GDP.The industry increased the share of GDP from 6.7% in 1991 by 14% a year until 1997.The food processing industry creates a new market for agricultural products, and contributes to increase in farm income. The industry is also expected to help improve health and take in nourishment for people.
This will lead to departure of agricultural products from primary production as well as strengthening of food industries.Viet Nam is deficient in quality control and preservation technology fundamental to food processing, and imports large amount of processed food from neighboring countries. Improvement in those technologies is indispensable in order also to promote small-and-medium-scale food processing firms in the country.
Acknowledging need to strengthen development of humanresources engaged in research and development in order to modernize food industries that composed of mainly small-and-medium-scale food processing firms in the country and to increase income in rural areas, Viet Nam government asked Japan in August of 1998 for technical cooperation for Food Industries Research Institute in Hanoi. After baseline survey in December of 1999, short term survey in October of 2000, and secondary short term survey in November of 2001,JICA dispatched a discussion on implementation survey team in April of 2002.Viet Nam and JICA agreed on the activities mentioned below, and signed and exchanged record of discussions (R/D) and temporary scope of implementation.


Overall Goal


The food processing technologies are improved in small-and-medium-scale food processing firms in Viet Nam.


Project Purpose


FIRI's capability of developing food processing technology is strengthened and the function of FIRI as an institute which offers required information for certification is strengthened.


Output


1.The characteristics of quality of major processed foods in Viet Nam are clarified.
2.FIRI researchers improve their ability of application for the utilization of microorganisms and enzymes.
3.FIRI researchers improve their ability to examine and analyze the components and the qualities of the processed foods required for the domestic certification.
4.FIRI researchers improve their capability for the technical guidance in the food processing used microorganisms and enzymes and in foods analysis to small-and-medium-scale food processing firms.


Project Activities


1. Analyze the characteristics of the major agricultural processed foods in Viet Nam.
1-1 Survey the actual circumstances.
1-2 Analyze the effective factors for the quality improvement.
1-3 Make supplement survey at factories
2. Transfer the basic and applied technology on the microbiology and the enzymology.
2-1 Transfer the technology in microbiology.
2-2 Transfer the technology in enzymology.
2-3 Transfer the technology to develop the new food ingredients
3. Transfer the basic and practical technology of analysis of food components and food analysis.
3-1 Transfer analytical methods of food components.
3-2 Transfer analytical methods of food qualities.
3-3 Apply the analysis of food components and food qualities to the agricultural processed foods
4. Guide in the microorganisms and enzymes and in the foods analysis technologies to small-and-medium scale food processing firms.
4-1 Prepare the manuals for technical guidance.
4-2 Organize seminars/workshops.
4-3 Implement on-the-job trainings (consulting).


Input Summary byJapanese Side


1.Dispatch experts
(1)Chief Advisor
(2)Project Coordinator
(3)Expert in the technical field of:
a.Microbiology
b.Analysis
c.Others, when necessary
2.Provision of machinery and equipment
3.Counterparts training in Japan
4.Dispatch of Mission
when necessity arises






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Basic Study

Dec.13,1999

 ~

Dec.21,1999



Supplementary Study

Oct.17,2000

 ~

Nov.03,2000



2nd Supplementary Study

Nov.26,2001

 ~

Dec.07,2001



Implementation Study

Apr.07,2002

 ~

Apr.13,2002



Consultation Team

Mar.15,2003

 ~

Mar.22,2003



Consultation Team

Jul.07,2003

 ~

Jul.11,2003



Consultation Team

Jan.30,2005

 ~

Feb.04,2005



Mid-term Evaluation Team

Jun.06,2005

 ~

Jun.30,2005



Final Evaluation Team

May.09,2007

 ~

May.17,2007




















Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


1) 1999:UNIDO 0.13 billion yen (Applied microbiology; development of pilot plant, technical training, equipment provision, preparation of manual, etc.)
2) April - September of 1999: JICA individual expert dispatch (food processing technology)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成14年度) (外部公開)2010/03/12
中間レビュー(平成17年度) (外部公開)2006/11/27
終了時評価(平成19年度) (外部公開)2012/11/12
事後評価(平成22年度) (外部公開)2013/05/28
PDM(外部公開)2005/04/04
報告書(実施協議調査)(外部公開)2013/08/28
報告書(運営指導(計画打合せ))(外部公開)2013/08/28

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

M/M
FM0203XX05
M/M
案件概要表

18

09/06/2002
09/05/2007