更新日2013/07/10
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



0601587

プロジェクトID(旧)


0265015E0
 


910


東南アジア




対象国名


東ティモール


11090












対象国(その他)







 





案件名(和)


マナツト県灌漑稲作プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20050601日20100331日
 









分野課題1


(旧)農業開発・農村開発-(旧)農業開発


分野課題2


平和構築-(旧)公共・インフラ社会サービス支援


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


農業・農村開発プログラム


プログラムID


0260000000001


援助重点分野


農業・農村開発


開発課題


農業分野の生産性向上と食料安全保障のための環境整備






実施状況


終了


備考


(1)同国の治安悪化により、2006年5月26日に日本人専門家が国外退避し、その後日本人専門家不在の状態で、C/P及びプロジェクトスタッフを中心としてプロジェクトを継続。その後、同国の治安回復により2006年11月より日本人専門家の再派遣が開始された為、11月に短期専門家を派遣し現地の状況を確認。同12月より長期専門家を派遣し、プロジェクトが再開した。(2)上記によるプロジェクト進捗への影響に鑑み、運営指導調査(2007年11月)によりプロジェクト延長にかかる修正R/Dの締結を行い、2010年3月まで延長された。

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)マナツト県灌漑稲作プロジェクト




(英)Irrigation and Rice Cultivation Project in Manatuto

 





対象国名


東ティモール


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/04/28
 


プロジェクトサイト


マナツト県ラクロ灌漑地区
 
協力期間20050601日201003月 31日
   


相手国機関名


(和)

農業水産省灌漑局


相手国機関名


(英)

Irrigation Division, Ministry of Agriculture and Fisheries









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


2002年5月に独立した東ティモールは、未だ主たる産業がなく、全就業人口の86%が農林水産業に従事し、その生計を農業、特に主要産物の水稲に依存している。しかし、1999年の政局混乱に伴う農業人口の流出、一部灌漑施設の破壊、公共及び民間サービスの停止等が原因で農業生産性が低下している。その結果、同国の主要食用作物のうち、キャッサバ、メイズは国産でほぼ賄っているが、米は国内需要を満たしておらず、需要の半分以上を輸入に依存せざるをえなくなっている。その主たる原因は、農業インフラの未整備にある。現在、水田の単位面積あたりの米生産量が全国平均で約1.5t/ha(籾ベース)と他の東南アジア諸国に比べても極めて低い。同国の主要穀物の食糧自給率改善を目的とした米の生産量拡大のため、荒廃した水田を修復し、その生産性向上を図ることが最優先課題となっている。
 水稲栽培の大きなポテンシャルを有するマナツト県では、灌漑水稲栽培が広く行われ、ボボナロ県やビケケ県と並ぶ東ティモール有数の米作地となっている。ラクロ灌漑施設はポルトガル時代の1960年代に建設され、インドネシア政府によって修復されたが、1996年の洪水による被害を受けた後は殆ど使用できない状況となっていた。独立後、同国への米生産性改善に係る支援として、我が国政府は緊急無償資金協力を実施し、マナツト県ラクロ灌漑施設(660ha)の修復を行い、開発調査「農林水産業開発調査」により中期総合農業開発計画を策定し、ラクロ灌漑地区において実証プロジェクトを実施した経緯がある。
 今般、東ティモール国政府はこれまでの活動実績の強化・展開を目的として、我が国に対して米の生産性向上と水利組合の強化を主な要素とする技術協力プロジェクトの実施を要請した。


上位目標


改良された稲作及び灌漑維持管理方法が東ティモール国内の他の灌漑地区2箇所以上に適用される。


プロジェクト目標


対象地域において米の生産性が向上する。


成果


1)対象地域において既存の灌漑稲作体系が改善される。
2)対象地域において機能的な水利組合が設立される。


活動


成果1)に対する活動
1)-1 対象地域において圃場準備、除草、栽培面積等の適正技術を活用した稲作体系に改善する。
1)-2 対象地域において米の適正品種の選定、増産、農民への配布を行う。
1)-3 対象地域において農民に対して改善された稲作体系と技術の展示・普及を行う。

成果2)に対する活動
2)-1 水利組合幹部とともに水管理計画の策定を行う。
2)-2 キャパシティビルディングによる水利組合の強化と維持管理活動のモニタリングを行う。
2) -3 農業省職員に対し、灌漑施設の維持管理手法や水利組合運営にかかる研修を行う。


投入




日本側投入


【長期専門家】
(1)チーフアドバイザー
(2)業務調整
(3)稲作
(4)灌漑管理
 ※(1)及び/または(2)は他の分野と兼ねる。
【短期専門家】
(1)農業機械化
(2)圃場準備
(3)プロジェクトの円滑な実施に必要と判断される場合、他の専門家派遣も想定される。

 および機材供与、C/P研修、調査団の派遣、事業運営経費。


相手国側投入


カウンターパート及び総務スタッフの配置、土地・建物・施設の提供、事業運営経費。


外部条件


(1)農民がプロジェクトの実施に賛同する。
(2)対象地域の安全が維持される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


農業水産省(本省及びマナツト県農業事務所)が中心となり、事業の計画・実施・モニタリングを行う。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


緊急無償:ラクロ地区灌漑施設改修(2003.12完成) 
開発調査:東ティモール国中期農業開発計画策定(2001.3-2003.8)
個別専門家:灌漑維持管理アドバイザー(2007.8.5-2009.2.4)


(2)他ドナー等の援助活動


世銀:雇用創出のための灌漑施設改修無償事業(水利組織育成も含む)
IRRI、AusAID:Seeds of Life(種子生産)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00166







Project Headquarters in charge

As of


Jul.10,2013







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601587


Title


Irrigation and Rice Cultivation Project in Manatuto






Country


TIMOR-LESTE






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


(Prev.)Agricultural/Rural Development-(Prev.)Agricultural Development


Field 2


Peace-building-(Prev.)Infrastructure and Social Services


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agriculture/General






Program Title


Agriculture and Rural Development Program


Program Number


0260000000001


Cooperation Priority Area


Agriculture and Rural Development


Development Issue


Improvement of Agricultural Productivity and General Env. Improvement For Food Security






Project Site


Laclo irrigation scheme area in Mnatuto District





Apr.28,2005
Term of Cooperation2005/06 ~2010/03


Implementing Organization


Irrigation Division, Ministry of Agriculture and Fisheries


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Feb.01,2004

 ~

Mar.01,2004




Nov.29,2004

 ~

Dec.23,2004




Nov.19,2007

 ~

Nov.23,2007
























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成16年度) (外部公開)2005/11/07
事業事前評価表(平成17年度) (外部公開)2005/11/07
終了時評価(平成21年度) (外部公開)2013/06/19
R/D(外部公開)2007/02/09
R/D(外部公開)2008/03/19

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

R/D
FM0203XX05
R/D
案件概要表


06/01/2005
03/31/2010