更新日2001/02/21
社会開発協力部-社会開発協力第一課

プロジェクト基本情報







10160, 10170


























主管区分




本部/国内機関


社会開発協力部-社会開発協力第一課


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0181267E0
 


913


東南アジア




対象国名


タイ


11060












対象国(その他)







 





案件名(和)


タマサート大学工学部拡充計画プロジェクト(THM)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間19940401日20010331日
 









分野課題1


教育-その他教育


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


旧スキーム: プロジェクト方式技術協力(旧)

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)タマサート大学工学部拡充計画プロジェクト(THM)




(英)Project to Enhance the Capacity of the Faculty of Engineering at Thammasat University in the Kingdom of Thailand

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


1994/03/28
 


プロジェクトサイト


バンコク近郊(バンコク市中心部から北に40Km、車で約90分)
 
協力期間19940401日200103月 31日
   


相手国機関名


(和)

大学省(Ministry of University Affairs)


相手国機関名


(英)

Ministry of University Affairs









日本側協力機関名


文部科学省、長岡技術科学大学、東京大学、東京工業大学、埼玉大学、他
 


プロジェクト概要




背景


1-1 協力の背景と概要
1980年代の後半に、タイの経済成長の抑制要因として技師の不足が深刻化していた。タイ政
府は科学技術における人材育成(HRD)を主要課題として取り上げ、工学教育の拡充政策とし
て、8ヶ所の国立大学及びいくつかの私立大学における工学部設立を計画した。タイの政府は
日本政府に対して、タマサート大学工学部の教育機材の無償資金協力と同学部の教官育成のた
めのプロジェクト方式技術協力を要請した。その後1999年3月から2001年3月まで化学工学
及び機械工学科の能力強化のための2年間のフォローアップ協力を実施した。
1-2 協力内容
タマサート大学工学部が、5つの学科の教育・研究能力の向上を通じて、タイの産業界に優秀
なエンジニアや技術サービスを提供する、トップクラスの工学部の一つになることを目的とし
て実施された。


上位目標


タマサート大学工学部がタイのトップクラスの工学部の一つになり、優秀なエンジニアを輩出
する。


プロジェクト目標


タマサート大学工学部の教育・研究能力が強化される。


成果


ア)工学部、とりわけ化学工学及び機械工学の教員の、学生に学位取得させる教育能力が習得
される。
イ)諸研究機関との共同研究及び工学部の運営制度改善を通じて、工学部教員の研究能力が向
上される。


活動




投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Social Development Cooperation Department First Technical Cooperation Division1402Social Development Cooperation Department First Technical Cooperation Division








As of


Feb.21,2001







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title


Project to Enhance the Capacity of the Faculty of Engineering at Thammasat University in the Kingdom of Thailand






Country


THAILAND






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Education-Other Education Issues


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Suburbs of Bangkok (40 km north of the center of Bangkok: approx. 90 minutes by car)





Mar.28,1994
Term of Cooperation1994/04 ~2001/03


Implementing Organization


Ministry of University Affairs


Background


The Thai economy made giant strides in the second half of the 1980s, gaining Thailand entry into the ranks of middle-income countries. However, the rapid progress of the industrial sector fueled by expanding private investment caused chronic shortages of engineers. There is a need for 8,000 engineers a year whereas there are only 3,000 to 4,000 engineering graduates every year. This raises the fear that shortages of engineers may hinder the future development of the Thai economy. To deal with this situation, the Thai Government gave priority to the development of scientific and technical personnel in the Seventh Social and Economic Development Plan (1992 to 1996), and based on this, it planned to newly establish an engineering department at 8 national and several private universities. As part of this policy to expand engineering education, the Ministry of University Affairs planned to newly establish an engineering department at Thammasat University, a prestigious university in cultural and social sciences, a



nd requested Japan in July 1989 to give grant assistance to prepare equipment and materials for engineering education and technical cooperation to nurture faculty members for the newly established engineering department.


Overall Goal




Project Purpose


To nurture faculty members for the newly established engineering department of Thammasat University. Field of cooperation: Engineering department of Thammasat University (excluding the Engineering English Programme) -- electrical engineering course, production engineering course, civil engineering course, mechanical engineering course, and chemical engineering course


Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Basic Study

Jun.27,1992

 ~

Jul.04,1992



Preliminary Study

Dec.06,1992

 ~

Dec.15,1992



Supplementary Study

Jan.23,1994

 ~

Feb.12,1994



Implementation Study

Mar.20,1994

 ~

Mar.29,1994



Consultation Study

Jun.26,1995

 ~

Jul.04,1995




Jun.02,1997

 ~

Jun.10,1997




Aug.19,1998

 ~

Aug.27,1998
































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Grant aid: エ 664 million in FY 1993 (equipment and materials for engineering education and research)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事後評価結果要約表(平成15年度) (外部公開)2011/05/30
報告書(巡回指導調査報告書)(外部公開)2013/06/10
報告書(基礎調査団報告書)(外部公開)2013/06/10
報告書(実施協議調査団報告書(付・長期調査員報告書))(外部公開)2013/06/10
報告書(終了時評価報告書)(外部公開)2013/06/10
報告書(計画打合せ調査団報告書)(外部公開)2013/06/10
報告書(事前調査団報告書)(外部公開)2013/06/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

事後評価結果要約表
FM0203XX06
案件概要表


04/01/94
03/31/2001