更新日2015/06/12
カンボジア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00366_カンボジア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0601408

プロジェクトID(旧)


0215174E0
 


910


東南アジア




対象国名


カンボジア


11070












対象国(その他)







 





案件名(和)


北東州地域開発能力向上計画プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20071001日20110331日
 









分野課題1


ガバナンス-地方行政


分野課題2


(旧)農業開発・農村開発-(旧)農村開発


分野課題3


平和構築-ガバナンス


分野分類


計画・行政-開発計画-総合地域開発計画

 





プログラム名


法整備・行政機能プログラム


プログラムID


0210000000021


援助重点分野


ガバナンスの強化


開発課題


ガバナンスの強化






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)北東州地域開発能力向上計画プロジェクト




(英)Capacity Development of Provincial Rural Development in Northeastern Provinces

 





対象国名


カンボジア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2007/08/31
 


プロジェクトサイト


北東2州(ラタナキリ州、モンドルキリ州)
 
協力期間20071001日201103月 31日
   


相手国機関名


(和)

カンボジア国内務省地方行政総局、ラタナキリ州およびモンドルキリ州の州農村開発委員会実施委員会


相手国機関名


(英)

GDLA, Ministry of Interior, PRDC ExCOM in Rattanak Kiri and in Mondul Kiri









日本側協力機関名


なし
 


プロジェクト概要




背景


カンボジアの地方開発は、1991年の和平協定後、ドナー主導のCAREREという開発プログラムの枠組みで行っていた最末端の行政レベルである各コミューン(サンカット)に対する支援を1996年にセイラ・プログラムという国家プログラムとし、2006年までかけて同国家プログラムをカンボジア全土で展開するという流れで実施されてきた。
 本プロジェクトの対象となるラタナキリ州及びモンドルキリ州は、国内天然林の約4割が存在する、自然資源の豊富な地域である一方、国内先住民族の9割以上が暮らしているが、遠隔地という地理的特性から必ずしも開発の優先順位が与えられてこなかった。現にカンボジアのミレニアム開発目標報告書(2003年)において、両州の開発レベルは、国内最下位に位置づけられている。また、地方行政機能の強化に必要な人材の数及び能力は不足しており、言語障壁があるほか、教育レベルも概して低い傾向がある。また、セイラ・プログラム等によりコミューンの機能が強化される一方で、州・郡はその機能が明確に規定されていないこともあり、既存の州開発計画はコミューンからのプロポーザル(事業提案)の単なる積み上げとなっており、州及び郡全体としての優先課題の設定やそれに基づく優先事業の決定といった、戦略的なアプローチは皆無である。
 近年、両州への投資、開発支援が増加しつつあり、貴重な資源や先住民の生活に重大な影響を与えている。開発事業の優先付け、投資家の開発事業への巻き込み等、州行政官によるこれら支援のマネジメントの改善・向上が必要となってきている。以上から、地域住民による持続的な地域振興、州行政官による戦略的な開発事業の企画、実施が求められているが、これらの中心となる内務省ならびに各州政府は十分な人材及び体制を有しておらず、そのキャパシティディベロップメントが求められている。


上位目標


対象州において、州政府により、主体的かつ戦略的に州開発事業が実施される。


プロジェクト目標


対象州において、持続的地域開発のための地方行政能力が強化される。


成果


1.地方行政官の分析・調査能力が向上する。
2.地方行政官の地域開発計画策定能力が向上する。
3.地方行政官の地域開発事業実施・管理能力が向上する。
4.地方行政官のモニタリング、評価能力が向上する。


活動


両州の各担当行政官とともに、以下の活動を実施する。
1-1 農村ニーズ調査を実施する。
1-2 州の基礎情報を確認、整理する。
1-3 ラタナキリ州で郡支援SWOT分析ワークショップを実施する。
1-4 モンドルキリ州で研修ニーズワークショップを実施する。
1-5 研修ニーズ調査を実施する。
2-1 ラタナキリ州の郡の開発計画策定のためのOJT及びワークショップを実施する。
2-2 モンドルキリ州の州の開発計画に対する優先分野の選定を支援する。
2-3 モンドルキリ州の優先分野におけるセクター局の開発計画策定を支援する。
2-4 郡及びセクター局のプロポーザル策定を支援する。
2-5 モンドルキリ州のパイロット事業モニタリング・評価結果に基づき、セクター局の開発計画策定プロセスの改善を提案する
2-6 ラタナキリ州のパイロット事業モニタリング・評価結果に基づき、郡の開発計画策定プロセスの改善の提案をする。
3-1 地方行政官に対し、パイロット事業を通じプロジェクト管理と実施に関するOJT、及びワークショップを行う。
3-2 ニーズの高い分野の事業実施に必要な技術のモジュール研修及びワークショップ研修を行う。
3-3 モニタリング・評価結果に基づき事業実施手順の改善の提案をする。
4-1 地方行政官に対し、パイロット事業を通じ事業管理に係るモニタリング・評価のOJTやワークショップを実施する。
4-2 パイロット事業の評価を行う。
4-3 モニタリング評価に関するモジュール研修やワークショップを行う。
4-4 上記のモニタリング及び評価結果を計画策定、事業実施に還元する仕組みを提案する。


投入




日本側投入


総額 3.76億円見込

1. 専門家派遣
分野:地域開発計画/総括、農村開発/社会調査、農村インフラ計画(GIS)、モニタリング評価、研修実施支援、地方行政/業務調整
2. 機材
3. カウンターパート現地研修
4. OJT実施のための在外事業強化費


相手国側投入


1. カウンターパートの配置
2. PRDC ExCOMの事務所スペース及び設備(可能な範囲)
3. プロジェクト実施のためのローカルコスト


外部条件


1. 上位目標達成のための外部条件
地方分権化の政策・方針が大きく変わらない
NCDDの枠組みが変更されない。
PRDC及び各セクター省庁の人材が、政府組織外に流出しない。
2. プロジェクト目標達成のための外部条件
地域資源が著しく喪失されない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


プロジェクト監督機関:内務省地方行政総局
プロジェクト実施機関:内務省地方行政局、ラタナキリ州及びモンドルキリ州の州農村開発委員会実施委員会


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


JICAは2007年より2010年まで内務省地方行政総局を中心に「地方行政能力向上プロジェクト」を実施、2010年から「地方行政法運用のための首都と州レベルの能力強化プロジェクト」を実施しており、中央レベルでの国家プログラム及び他ドナーとの調整を行うこととしている。これらプロジェクトとの連携を通じて、本プロジェクトは他ドナーとの活動内容の重複を避けるとともに、必要に応じて中央政府への政策提言も可能となる。

 カンボジア国北東州は、「開発の三角地帯」に属する地域であり、わが国政府のCLV(カンボジア、ラオス、ベトナム)支援の新たなイニシアティブとして日CLV首脳会議でも重視されている。このため、JICAとしても同地域を対象とした「開発三角地帯マスタープラン」の実施を積極的に支援する方針を示している。

 本プロジェクトでプロポーザル策定能力を強化した行政官が長期専門家の支援を受けつつ大使館の草の根無償を申請中。


(2)他ドナー等の援助活動


対象地区での主なセイラプログラム支援活動

行政分野
PLG(Partnership for Local Governance) UNDP, DFID, SIDA, CIDA 終了
PSDD(Project to Support Democratic Development)UNDP, SIDA, DFID 2007年2月よりPLGを継承

天然資源管理
NRML(Natural Resource Management & Livelihood) DANIDA, DFID
Rural Livelihood Improvement Project IFAD

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.12,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601408


Title


Capacity Development of Provincial Rural Development in Northeastern Provinces






Country


CAMBODIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Governance-Local Governance


Field 2


(Prev.)Agricultural/Rural Development-(Prev.)Rural Development


Field 3


Peace-building-Governance






Sector


Planning/Government-Development Planning-Regional Development Planning






Program Title


Program for Legal and Judicial Reform and Improving Function of the Public Administration


Program Number


0210000000021


Cooperation Priority Area


Strengthening of Governance


Development Issue


Strengthening of Governance






Project Site


Northern East Provinces (Mondul Kiri, Rattanak Kiri)





Aug.31,2007
Term of Cooperation2007/10 ~2011/03


Implementing Organization


GDLA, Ministry of Interior, PRDC ExCOM in Rattanak Kiri and in Mondul Kiri


Background


Mondulkiri province and Ratanakiri province are located in the northeastern part of Cambodia. These provinces possess rich resources including natural forests, but economically underdeveloped due to poor access to the urban areas and a high ratio of indigenous peoples leading traditional livelihood.

Among various rural development programs that have been implemented in Cambodia, the Seila Program, supported by the United Nations Development Programme(UNDP) and several other donors, has evolved in a remarkable fashion. The Provincial Rural Development Committee(PRDC)set up by the Seila Program is expected to keep playing a central role in formulating provincial development plans and putting them into practice.

However, due to the civil war of more than two decades, Cambodia's public administrative system has been suffering from the shortage of human resources, particularly at the middle management levels. The institutional capacity to train and develop public officials in a systematic and sustainable way has also been lacking. Mondulkiri province and Ratanakiri province lack human resources and institutional capacity to promote rural development. Capacity development of provincial, district and commune administration with a focus on the PRDC is required in order to provide better public services to meet local people's needs and aim at sustainable rural development utilizing rich natural resources.


Overall Goal


Provincial development is actively and strategically undertaken by the local governments.


Project Purpose


The capacity of the targeted local governments for promoting sustainable rural development is strengthened.


Output


1. Capacity of local government officials in developmental research and analysis is strengthened.
2. Capacity of local government officials in rural development planning is strengthened.
3. Capacity of local government officials in implementing and managing rural development projects is strengthened.
4. Capacity of local government officials in monitoring and evaluation is strengthened.


Project Activities


1.1 Conduct a community needs survey.
1.2 Collect and sort out basic provincial data.
1.3 Conduct a SWOT analysis workshop in Ratanakiri.
1.4 Conduct a training needs workshop in Mondulkiri.
1.5 Conduct a training needs assessment survey.
2.1 Help prepare a district development plan in Ratanakiri.
2.2 Help prepare project proposals for communes, districts and sector departments.
2.3 Provide module training on development planning.
2.4 Based on the results of monitoring and evaluation of pilot projects in Modulkiri, prepare recommendations to improve the process of making a commune development plan.
2.5 Based on the results of monitoring and evaluation of pilot projects in Ratanakiri, prepare recommendations to improve the process of district development planning.
3.1 Provide on-the-job training (OJT) to local government officials through pilot projects.
3.2 Provide module training on technical skills in priority needs.
3.3 Based on the results of monitoring and evaluation, prepare recommendations to improve the implementation process of development projects.
4.1 Provide on-the-job training (OJT) on project management for local government officials through monitoring of pilot projects.
4.2 Evaluate pilot projects.
4.3 Provide module training on monitoring and evaluation.
4.4 Prepare recommendation report on feedback system of the result of monitoring and evaluation.


Input Summary byJapanese Side


1. Dispatch of the following Experts: Regional Development Planning / Chief Advisor; Rural Development / Social Survey; Rural Infrastructure Planning; Monitoring and Evaluation; Local Administration; Coordinator
2. Equipment
3. Expenditure for on-the-job training (OJT)






Consultant Name


I.C.Net Limited






Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Evaluation Mission (1st)

Mar.18,2007

 ~

Mar.28,2007



Preliminary Evaluation Mission (2nd)

May.27,2007

 ~

Jun.13,2007






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors


Seila Program supported by UNDP etc. (currentry changed as NCDD supported by PSDD)
NRM program supported by DANID etc.






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成19年度) (外部公開)2011/07/07
中間評価結果要約表(平成21年度) (外部公開)2011/07/29
終了時評価(平成22年度) (外部公開)2012/02/17
R/D(外部公開)2008/07/04
PDM(和文・英文)(外部公開)2008/07/04
プロジェクトホームページ(日本語) 2009/07/16

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2007
03/31/2011